デンバー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ニューモント・マイニング・コーポレーション(NYSE: NEM)(ニューモントまたは当社)は、インドネシアのバツ・ヒジャウ銅・金鉱山を運営するPTニューモント・ヌサ・テンガラ(PTNNT)に対する当社持分を売却することで、PTアンマン・ミネラル・インターナショナル(PT AMI)と拘束力のある株式売買契約を結びました。

ニューモントのPTNNTに対する48.5%の経済的持分に対する総対価は13億ドルです。この金額の内訳は、取引完了時に支払われる9億2000万ドルの現金受取額と、金属価格上昇とエラングの開発に関連する4億300万ドルの条件付き支払額です。過半数を住友商事が所有するヌサ・テンガラ・マイニングも、所有持分をPT AMIに売却することで合意しました。

ゲーリー・ゴールドバーグ社長兼最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。「PTNNTに対する持分を公正価格で売却することは、負債を減らし、最も利益率の高いプロジェクトに資金を投入し、株主の皆さまに価値を生み出す当社の戦略的優先順位に則した措置です。PT AMIは、バツ・ヒジャウの経験豊富なチームに支えられ、引き続きこの資産の運営を成功させる優位な立場に立つと考えています。バツ・ヒジャウの従業員の皆さん、インドネシア政府、ならびに当社の貴重なパートナーである住友商事には、当社がこの売却と移行の成功に向けて尽力する中で、ご支援をいただき大変感謝しています。」

この取引は、規制当局の承認を受け、他の前提条件を満たした後、第3四半期に完了する予定です。これらの条件には、PTNNTの株式移転に関する政府の承認、完了時の有効な輸出承認、Pt Multi Daerah Bersaing(PTMDB)が24%の持分を買い手に同時に売却すること、一定の税務問題の解決、および、バツ・ヒジャウの将来の価値に大きな影響を及ぼす可能性のある重大な有害事項が発生しないことなどがあります。

ニューモントは、この3年間で、事業の安全性と利益性を大きく向上させ、ポートフォリオと財務状況を強化してきました。当社は2013年より、非中核的資産を売却して19億ドルの受取金を取得し、純負債を37%削減すると同時に利益を生み出す成長への投資を続けています。2015年、ニューモントは、コロラド州のクリップル・クリーク&ビクターを買収し、また、探鉱により500万オンスの金埋蔵量を追加しました。当社はまた、米国、オーストラリア、スリナムで利益性のある4件の開発プロジェクトを進めており、これにより、次の2年で100万オンスの利益性のある生産が生まれると予想しています。

この取引に関する電話会議を2016年6月30日(木)米国東部時間午前9:00時(山岳部時間午前7:00時)より開催します。また、この会議は当社のウェブサイトでも聴取できます。

電話会議の詳細
    ダイヤルイン番号       800.857.6428
海外からのダイヤルイン番号 517.623.4916
リーダー メレディス・バンディ
パスコード Newmont
録音再生番号 888.568.0350
海外からの録音再生番号 203.369.3906
録音再生パスコード 2016

ウェブキャストの詳細
URL:http://event.on24.com/wcc/r/1217667/809A90FEF6EC1AF5D15DF180AEB6E98A

ニューモントについて

ニューモントは金と銅の有力生産企業です。当社は主に、米国、オーストラリア、ガーナ、ペルー、インドネシア、スリナムで事業を運営しています。ニューモントはS&P500指数に選ばれている唯一の金生産企業であり、2015年にはダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックスの鉱業部門のリーダーに選ばれました。当社は価値創出の業界リーダーであり、技術、環境、安全衛生で優れた実績を上げています。ニューモントは1921年に設立され、1925年より株式を公開しています。

PTNNTについて

PTNNTは、ヌサ・テンガラ・パートナーシップ(ニューモント・マイニング・コーポレーションと、過半数を住友商事が所有する日本のヌサ・テンガラ・マイニングが所有)が56%所有する銅金鉱山会社です。PTNNTは、PT Pukuafu Indahが17.8%を、PT Multi Daerah Bersaing(PTマルチキャピタルとPT Daerah Maju Bersaing(西ヌサトゥンガラ州および西スンバワ県とスンバワ県が所有する合弁事業)が所有)が24%、PT Indonesia Masbaga Investama が2.2%を所有しています。

注意事項

本リリースには、1933年証券法の第27A条(修正含む)および1934年証券取引方の第21E条(修正含む)の意味での「将来予想に関する記述」が含まれています。これはこれらの条項で規定されたセーフハーバーの対象となるものです。将来予想に関する記述には、「かもしれない」、「だろう」、「予想する」、「予測する」、「考える」、「計画する」などの用語やこれに匹敵する用語を伴う場合があります。本リリースに記載された将来予想に関する記述には、バツ・ヒジャウの売却完了に関する推定と予想、売却取引の完了時期、条件付き支払、バツ・ヒジャウの今後の事業および移行(フェーズ7を含む)、エラングの今後の開発、ニューモントの事業、プロジェクト、ポートフォリオの今後の改善、将来のフリーキャッシュフロー、今後の負債返済、将来の投資利益率および価値創造、将来の生産、売上高に対する費用(CAS)、総維持費用(AISC)、設備投資およびその他の財務見通しが含まれますが、これらに限られません。当社が将来の出来事や成果に関する予想や考えを表明している場合、これらの予想や考えは誠実に行われたものであり、合理的な根拠があると考えられます。しかし、このような記述にはリスクや不確実性などの要因が伴い、これらにより、実際の結果が「将来予想に関する記述」で明示、予想、または暗示されたものと大きく異なるものになる可能性があります。この取引の完了は、規制当局の承認と買い手株主の承認を得ること、および他の発効条件を満たすことを前提としています。これには、PTNNTの株式移転に関する政府の承認、完了時に有効な輸出承認を維持すること、PTMDBが24%の持分を買い手に同時に売却すること、一定の税務を処理すること、バツ・ヒジャウの将来の価値に大きな影響を及ぼす可能性のある重大な有害事象が発生しないことが含まれますが、これらに限られません。予想される他のリスクには、他の政治的、規制または法的な問題、地域社会および労働に関する問題などが含まれます。条件付き支払額もリスクと不確実性を伴い、これには、銅価格やバツ・ヒジャウおよびエラングでの今後の生産・開発が含まれます。当社の事業および将来の業績についての将来予想に関する記述に関連する他のリスクには、金およびその他の金属価格の変動、通貨の変動、生産コストの増加、原鉱の等級や採取率が探鉱計画で想定したものと異なる可能性、政治的・運営上のリスク、地域社会との関係、紛争解決およびプロジェクトの成果、反対勢力や政府の規制、および司法の結果が含まれますが、これらに限られません。これらのリスクおよびその他の要因に関する詳細は、当社のフォーム10-Kによる2015年度年次報告書(2016年2月17日頃に証券取引委員会(SEC)に提出)、および当社の他のSEC提出文書をご覧ください。上記により、将来の業績や予想される取引の完了について保証することはできません。当社は、適用証券法で義務付けられた場合を除き、本ニュースリリース発表以後に発生した出来事や状況を反映するため、あるいは予想外に発生した出来事を反映するために、見通しなどを含み、「将来予想に関する記述」を改訂し公開する義務を負いません。投資家の皆さまは、以前に発行した「将来予想に関する記述」が更新されないことで、これらの記述が再確認されたとは考えないようにしてください。「将来予想に関する記述」を信頼するかどうかは投資家自らがリスクを負って判断してください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Newmont Mining Corporation
Media Contact
Omar Jabara
303-837-5114
omar.jabara@newmont.com
または
Investor Contact
Meredith Bandy
303-837-5143
meredith.bandy@newmont.com

情報提供元:
記事名:「ニューモント、インドネシア資産の持分売却で合意