バミューダ・ハミルトン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 最大手の一社として関連会社を通じて国際投資商品を提供する資産規模10億ドル以上のビーチウッド・バミューダは、国際投資家向け保証型投資商品の提供に対する取り組みの一環として、オールド・ミューチュアル(バミューダ)をビーチウッドOMNIAに名称変更することを発表しました。


名称変更されたビーチウッドOMNIAはビーチウッドの既存のプラットフォームに統合されており、アジア、中南米、中東の約40件の販売パートナーの顧客を含んでいます。統合の完了に伴い、ビーチウッドの規模は革新的な投資商品を求める新規および既存の顧客の需要に継続的に応えていくことのできる水準に拡大しています。

ビーチウッドOMNIAは2009年以降、新規投資家を受け入れていませんが、既存顧客向けにはサービスが拡充され、これまでより高い金利を選択できる固定金利口座も利用できます。さらに、ビーチウッドの投資プランである「プリファード・レート・プラス」や「エスカレーター・プラス」を取り扱う金融機関が増えるにつれて、ビーチウッドOMNIAの多数の顧客は、金利水準が魅力的で、元本保証などのユニークな特性を備えたこれらの商品に投資資金を移動させることができるようになります。

ビーチウッドの商品・サービス担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのデビッド・レッシングは、次のように述べています。「当社は国際投資家に対する保証型投資商品の提供に注力しています。この市場は金融危機時に縮小しましたが、最近ではお客さまからの需要が大幅に拡大しており、極めて有望です。ビーチウッドOMNIAの買収と統合は、私たちがこの市場の開拓に長期的に取り組む考えであることを示す明確なメッセージであり、私たちはお客さまのニーズに独自の形で応えることができるようになります。」

世界の80社を超える銀行や証券会社がビーチウッド・バミューダの投資ソリューションを取り扱っています。当社の投資プランは、ビーチウッドの熟練したポートフォリオ・マネジャー、メリル・リンチとモルガン・スタンレー両社の米国ウェルス・マネジメント・グループの元最高執行責任者で構成される上級経営陣、さらに大手国際金融機関の再保険会社としてのビーチウッドのリスク管理経験により裏打ちされています。

ビーチウッド・バミューダ・インターナショナルとビーチウッド・リーについて

ビーチウッドのグループ企業には、バミューダのハミルトンに本拠を置く認可長期保険会社でバミューダ金融庁(BMA)の規制下にあるビーチウッド・バミューダ・インターナショナル、グランド・ケイマンに本拠を置く再保険会社でケイマン諸島金融庁(CIMA)の規制下にあるビーチウッド・リーがあります。ビーチウッドのグループ企業は、(1) 革新的な保証型投資商品を求める米国およびバミューダ以外の富裕投資家と、(2) 生命保険および年金の再保険市場で魅力的な引き受け能力を求める米国および国際生命保険会社からの膨大な需要に応えることのできるソリューションの提供を目的に設立されました。

将来見通しに関する注意事項:

本プレスリリースには、将来見通しに関するものと考えられる情報が含まれている可能性があります。こうした将来見通しに関する記述は、将来の見通しに関する当社の現時点での見解を反映したものですが、リスクと不確実性を伴っており、実際の結果が大きく異なるものとなる可能性があります。本プレスリリースの日付時点のみにおける当社の見解を反映したものであるこれらの将来見通しに関する記述に過度に依存することのないようにご注意ください。当社は、新たな情報や将来の出来事を考慮してこれらの将来見通しに関する記述を更新する義務を負うものではありません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media:
For Beechwood Bermuda
John Eddy, 212-319-3451, ext. 648
john@goldin.com

情報提供元:
記事名:「ビーチウッド・バミューダがオールド・ミューチュアル・バミューダをビーチウッドOMNIAに名称変更、保証型投資商品の品ぞろえを拡充