日本語でも、シャープペンシル、シャチハタ、ホッチキス、デジカメ、セロテープなど、もともとは商品名なのに、一般名詞として使われてるものが数多くありますね。そんな名詞たちはアメリカ英語にも数多く存在します。

今回は、「え、これ商品名だったんだ!」と驚くようなカタカナ商品名の英語をまとめました!

アメリカ人も勘違いしてるカタカナ名の商品10選

英語_カタカナ商品名

 

Band Aid:絆創膏

日本語でも「バンドエイド」と言いますよね。アメリカでも同じなんです。正しくはbandageです。aidは救援という意味で、first aid kitは救急箱という意味です。

Velcro:マジックテープ

読み方はベルクロー。実は日本語で言う「マジックテープ」も、もともとは株式会社クラレの商品名だったそうです。正式名称は、「面テープ」です。正しくはhook and loop fastenerですが、Velcroのほうが断然呼びやすいですね。

Q-tip:綿棒

読み方はキューティップ。正しい英語表記はcotton swabです。

Post-it:付箋

日本語でも「ポストイット」という人も多いですよね。正しくはsticky noteです。ペタペタはるメモをsticky(べたべたくっ付く)で表現しています。

Kleenex:ティッシュ

日本でも有名なクリネックスは、アメリカ企業で、ティッシュ以外も販売しています。ティッシュの正しい英語はtissueです。

Saran Wrap:サランラップ

こちらも日本語で使いますね。正しい英語はplastic wrapです。

Jello (Jell-O):ゼリー

正しくはgelatinです。jellyなのかなと思いがちですが、ジャムのようなゼリーのことになるので注意しましょう。

Polaroid:ポラロイド(カメラ)

ポラロイドは、ポラロイド社の名前です。正しくはinstant cameraです。

Vaseline:ヴァセリン

万能の化粧品として日本の女性にも大人気なVaselineですが、実はこれもただの商品名です。正しくはpetroleum jellyですが、やっぱりVaselineと言うのが一番わかりやすく伝わります。

Windbreaker:ウィンドブレーカー

カタカナでもウィンドブレーカーと言いますよね。セベブレーショントレーディング社が商標登録をしている商品名です。light weight jacketなど言うようですが、やはりwindbreakerです!

 

いかがでしたか?普段、日本語を話しているときに何気なく使っているカタカナが、アメリカ英語ならしっかり伝わるんです。こちらから他の名詞も見ることができるので、ぜひ楽しみながら覚えてみてくださいね。

情報提供元:English Hacker
記事名:「辞書にも載ってない!アメリカ人も勘違いしてるカタカナ名の商品10選