普段ビジネスシーンでよく使う言葉。例えば日本語なら「承知いたしました。」「ご確認お願いいたします。」などが頻出ですよね。こういったフレーズ、言い回しは、英語ではどのように表現するのでしょうか。覚えておくべき頻出フレーズをシーンごとに見ていきましょう。

ビジネスメールでよく使う英語表現フレーズ

英語_ビジネス_表現

「了解しました」と言う時

Certainly.

目上の人や顧客に対して「承知いたしました、了解いたしました」と確認した意を伝える時は、”Certainly”がよく使われます。少し親しみを込めたい場合は”Sure”を用いることも(因みに私はいつもSureを使っています)。

同僚とのやり取りでは、I’ve got it(わかった!)でもOKです。同僚にはカジュアルめな表現で問題ありませんが、上司や公の場では”Certainly”を使うのがベストです。

相手に確認してもらう時「確認お願いします」

大切な契約書の内容を相手に確認し、OKかどうかを知らせてほしい場合は、以下のようなフレーズが役立ちます。

Please check the attached document.
(添付資料をご確認ください)

If everything is ok, please sign and return the original to me.
(問題なければサインをして原本をご返送ください。)

メールと会話の両方で使えます。

因みに、その他よく見かける契約書周りの言葉で言えば

  • 契約書:contract、
  • 契約書の原本:the original

と言います。

謝罪する時: 「大変失礼いたしました」「申し訳ございません」

同じく頻出の相手に謝罪する時の定番フレーズは、

I do apologize for any inconvenience.
(不都合を心よりお詫び申し上げます)

I sincerely apologise for not attending the meeting.
(ミーティングの不参加を心よりお詫びいたします)

I am truly sorry for our terrible service.
(我々のサービスに関して、お詫びさせていただきます)

do、 sincerely、 trulyを入れて、謝罪の気持ちを強調させるのがポイントです。

色々な場面で使える「確認いたします」

電話や対面など、色々場面で使える「確認いたします」は、覚えておくと便利!

Let me confirm.
(確認いたします)

あいまいなことはうやむやに答えず、きちんと確認してから返答するのは英語でも同じです。その流れで、「少々お待ちください」と言いたい時の

  • Just a moment please.
  • Please wait for a while.

も一緒に覚えておきましょう。

ビジネスの基本「どうぞよろしくお願いいたします」

英語でのビジネスにおいても、きちんと相手にお願いすることは必須。良好なビジネス関係を築くためにも覚えておいて損はありません。「どうぞよろしくお願いいたします」の日本語そのままの直訳はありません。代わりに英語では、「〜を楽しみにしています」や「〜を祈ってます」と言うことが基本です。

We look forward to working with you again.
(またご一緒にお仕事することを楽しみにしております)

I hope the  business will go well for both of us.
(双方にとってビジネスがうまくいくと良いですね。)

 

以上、英語のビジネスシーンで日常的に使われる表現、しっかり覚えておきましょう。

情報提供元:English Hacker
記事名:「「承知しました」を何て言う?ビジネスメールでよく使う英語表現フレーズ