外国人が困っているとき、お手伝いやサポートが必要なときに「あ、手伝いますよ〜」と気軽に言えますか?一言かけずにいきなり手伝いを始めてしまうのも相手を驚かせてしまいます。シチュエーションに合わせて上手にお手伝いを申し出ましょう。

お手伝いを申し出る親切な10のフレーズ

%e8%8b%b1%e8%aa%9e_%e6%89%8b%e5%8a%a9%e3%81%91_%e8%a1%a8%e7%8f%be

1.I’ll close the door for you. 「ドアを閉めてあげるよ」

I’ll 動詞 for you. で「〜してあげるよ」という意味になります。ここの例文ではcloseという動詞を使って「閉めてあげる」というい意味の例文を作りました。シチュエーション的には誰かが両手に荷物を持っていることに気づいたあなたが「ドア開けるよ!」とドアの方に自ら駆け寄っていく感じです。道端の全くの他人に言ってもOKです。

2.Let me help you. 「手伝うよ」

使役動詞のletを使っているので「手伝わせてよ」とお願いしてるのかなと勘違いしがちですが、普段はそういうニュアンスでにはなりません。例えば友達が転職活動に困ってるときに、あなたに良いコネクションがあって紹介してあげようと思ったときにLet me help you.という感じです。こちらも赤の他人が困ってるときに手助けするときに使えます。「お願い、手伝わせて〜!」という意味にしたいならPlease let me help you!と言えば十分伝わります。

3.I can help you with that.「それだったら手伝えるよ」

with以下から手伝える範囲を限定している表現です。使う場面としては「イラストレーターは手配したし、アシスタントも雇ったけど、肝心の脚本家がいないんだよなぁ」と悩んでいる友達にI can help you with that.といえば、あなたが脚本を書けるのか、あなたが脚本を書ける誰かを知っているんだろうなと相手は思います。

4.Why don’t I make some tea?「お茶作ろうか?」

Why don’t I ~?を直訳すると「なんで私は〜しないんだろう?」となりますが、そんな不思議ちゃんのようなフレーズではありません(笑)日本人の語感にはあまりないフレーズなので忘れがちなフレーズだと思います。かなり自発的に「私がやれば良くない?」「私がやればいいじゃん」くらいのテンションです。

5.Do you want me to pick you up?「迎えに来て欲しい?」

Do you want me to~?で「〜してほしい?」という意味になります。話し相手の意向を伺っているニュアンスです。「私が迎えに行ってあげるよ!」というよりも「必要だったら迎えに行くけどどうする?」くらいのテンションです。

6.Don’t hesitate to ask me any questions.「質問があったら遠慮しないで聞いてくださいね」

Hesitateは「ちゅうちょする」という意味です。何かを説明したあとや、メールの最後の締めによくあるフレーズです。特にフォーマルな印象を与えたければPleaseを文頭につければかしこまった感じに聞こえます。

7.Please feel free to contact me if you need any further information.「もっと情報が必要な場合は私までご遠慮なくご連絡ください」

Don’t hesitate to ask me any questions.と同様のシチュエーションで使われますが、よりビジネスで使われるフレーズです。

8.Do let me know if I can be of any help? 「なんか手伝えることがあったら絶対に知らせてね?」

使役動詞letの前にdoをつけることで強調しています。例えばシャイでお願いが下手な友達が、何も言わないけれどもトラブルになっていそうなときに言うフレーズです。

9.I’m here for you.「私はここにいるよ」

「いつでもあなたのことを手伝えるよ」という意味です。実際に一緒にいなくても「あなたの味方だよ」「あなたをサポートするよ」という意味で使います。メッセージや電話で言うのもありです。ビジネス、カスタマーサポート、友達同士の会話でも幅広く使います。関係性がない赤の他人に言うと、かなり熱い印象になるので変です(笑)

10.I’m here to help you. 「手伝うためにここにいるんです」

直訳してしまうとちょっと主張が強いように聞こえてしまいますね。しかし、こちらのフレーズのニュアンスは「手伝うためにいるんだから、なんでも頼ってくださいよ〜」くらいのニュアンスです。I’m here for you.と同じく様々な関係で使うことができます。

 

「あ、今手伝ってあげたいのになんて言うかわかんない…!」とモタモタしてしまっているうちにタイミングを逃してしまうのは悔しいですよね。自分が日本語で言うときと同じように英語でも表現できるようになっておくと、すぐに反応できるようになります。ぜひニュアンス別に覚えてくださいね。

情報提供元:English Hacker
記事名:「「遠慮しないで」って英語で言うと?お手伝いを申し出る親切な10のフレーズ