今やっちゃったね!

英語で間違えてしまったら、とても恥ずかしいですよね!顔が熱くなり消えたくなるかもしれません。

それでいいのです。恥じらいは普通で、すべての人が新しい言語を学んでいるときには間違えがあります。しばしば新しい言語を学んでいるときは、恥じらいが話した結果や書いた間違えで起こります。しかしより良く学ぶためには、多くの間違えをする必要があります。

なぜ共通の英語の間違えを知っておくと良いのか?

%e8%8b%b1%e8%aa%9e_%e3%82%88%e3%81%8f%e3%81%82%e3%82%8b%e5%a4%b1%e6%95%97
英語を話している間に間違えたことはありませんか?あるいは英語を使用している時変な状況に陥ったことはありませんか?
例えば、先生に授業後お世辞を言おうと思い、“You teach English good.”と言ったら…
直接先生と話すのに少し勇気がいたでしょう。

彼女が“You think I teach English well? Thank you!”と言い、その時goodは動詞を描写しないことを思い出すでしょう。その代わりに”well”を使い動詞を説明すべきなのです。英語はとても手強いですね。英語を話すことへのプライドの代わりに、文法の間違えに恥ずかしいと感じ始めましょう。

ここでもう一つ例題を。英語の話せる友達が他の街や国に引っ越します。さよならをいうために、彼らに“I will always forget you.(いつでもあなたを忘れます)” と伝えたところ、彼は笑い始め、そして “I will never forget you either.(僕もいつでも忘れないよ)”といったのです。

のちに、 “forget”と“always” を間違えてたことに気づきました。なのでよく稽古を積んださよならのスピーチは、残念な気持ちにさせました。

多くの英語を学ぶ生徒は完璧に英語を学ぶことに悩まされており、間違えたときにはストレスをため、その間違えを正すために何時間も費やすのです。恥や困惑はすべての時々に自分たちを悩ませます。
しかし、はずかしいと感じる瞬間を避けると、その瞬間を予防することができなくなります。少しの能力と、自信のない瞬間が学ぶ可能性にかわり、ユーモアそしてもしかしたら友情に変わるかもしれません。

もしなあにかを学ぶためにネイティブスピーカーが間違えたら少し安心するかもしれません。なので英語を学んでいる人々が楽しめるように、ネイティブスピーカーもいつも間違えたりすることに気づくことはmとても重要なのです。

例えば、英語のTV番組で、キャラクターよく“This is your guy’s cat, right?” と言いますが、実はこれは“This cat belongs to you guys, right?(この猫は君たちの猫でしょ?)”という文章なのです。

テレビのライターは世界で話される英語の文法レベルに合わせるようにしているかもしれませんが、最終的にはより間違えを作り上げています。

結局のところ、多くの英語を学ぶ人々は彼らの文法を上達させるために、テレビをみます。勘違いと混乱は英語の間違えを避けた時に起こります。多くの問題は、英語を書くときにも話すときにも存在します。
ネイティブスピーカーはまた、“good”と“well”をいつも置き換えます。なのでもしそれをやったのなら、一人だけではないので、安心してください!

次は英語を学んでいる人が間違え安いトップ15をご紹介し、そしてどのように間違えを避けるかご紹介いたします。

簡単に避けられる英語の共通の間違え15選

それぞれの例題は共通の英語の間違えがあります。その間違えが何なのかもし確かめたら、さらなる情報のためのヒントを見てみましょう。

文法の間違え

grammar-389907_640
1. It’sまたはIts
間違えの例題: The spider spun it’s web. Its a very beautiful web.

ヒント:“Its”はspider’s webについて話すための所有格です。なぜなら、蜘蛛の巣は蜘蛛に属しているのです。

“It’s”は “it is”または“it has.”の省略です。蜘蛛の巣の美しさを話す時に、私たちはit is a very beautiful webと言います。それ故に“its”の代わりに“it’s”という省略を使います。

なので、もしスペルが”it’s”か“its”どちらかわからない場合は、“it is”または“it has”を文章に加えましょう。もしどちらのフレーズも使用できない場合は、”its”が使えるでしょう。例えば、 “the spider spun it is web”そして“the spider spun it has web”は文章として成立しません。なので“the spider spun its web.”と言わなければならないのです。

正解:The spider spun its web. It’s a very beautiful web.(蜘蛛は蜘蛛の巣を作る。とても美しい蜘蛛の巣だ)

2. 主語-動詞 協定
間違えの例題:The list of items are on the desk.

ヒント:上の文章では、the list of itemsは単体のリストです。なので、私たちは“are”ではなく“is”を使うべきです。

正解:The list of items is on the desk.(品目のリストは机の上にあります。)

3. GoneまたはWent
間違えの例題:She had already went to the bathroom before they got in the car.

ヒント:もし “gone”か“went”、どちらを使うか定かではない場合は、 goneの前には助動詞が必要なことを覚えておいて下さい。助動詞とは:has, have, had, is, am, are, was, were, beのことです。

“Went”は助動詞の前には置かれません。

上記の文章では、助動詞”had”があるにも関わらず“went”が使われています。“had”という単語があるので、”gone”が使われるべきなのです。

正解:She had already gone to the bathroom before they got in the car.(彼らが車に乗る前に、彼女はもうすでにトイレにいっていた。)

4. Watch, Look, See
間違えの例題:Stop watching my private journal. / I look at the snow falling. / I don’t play tennis, but I look at them playing every day.

ヒント:“See”、“look”そして“watch”は意味上でよく混乱します。しかしこれらは違う状況で使われているのです。3つの動詞の違いは次のようなものです。:

  • Look —直接何かをみる
  • See — 探していない何かがふと見える
  • Watch —通常何か動いているものを、注意深くみる

なので、もし私たちが”see”(見る)したくなくても、私たちは何かを目的を持って”look at”(見る)ことしか出来ません。

正解:Stop looking at my private journal.(私の日記を見ないで!) / I watch the snow falling. (雪が降るのをみます)/ I don’t play tennis, but I see them playing every day.(テニスはしませんが、毎日彼らがテニスをしているのをみます。) 

5. 代名詞の置き換え

間違えの例題:Take a deep breath through your nose and hold it.

ヒント:文章内の単数の代名詞は名詞の代理を務めています。しかしここではどの名詞の代理なのか定かではありません。単数の代名詞の一番近い単語”it”は”nose”です。なので“hold it”の意味はhold your nose(鼻をつかむ)にみえます。鼻ではなく、代わりに、私たちは誰かに息を止めてほしいのです。

私たちが代名詞を適切に使うときは、どの名詞の代わりの代名詞なのか簡単にわかるようになっています。わかりやすく書かれているか確認してください。もしそれがはっきりとしていなかいのであれば、代名詞を使わず文章を変えて下さい!

正解:Take a breath through your nose and hold your breath.(鼻を通して呼吸をし、呼吸をとめてください)

スピーキングの間違え

%e8%8b%b1%e8%aa%9e_%e6%93%ac%e9%9f%b3_%e3%82%aa%e3%83%8e%e3%83%9e%e3%83%88%e3%83%9a
6. 未来時制
間違えの例題:I will be going to the dance party yesterday.

ヒント:上記の文章では、文章が何か昨日、過去に起こった事柄を話しているので、未来時制が違う自制で使われています。未来時制は何か起こったものではなく、これから未来で起こる何かに使います。

正解:I will be going to the dance party tomorrow.(明日ダンスパーティに行きます。)

7. LiterallyまたはFiguratively
例題の間違え:I’m literally melting because it’s so hot. / Figuratively speaking, it’s 100 degrees out here.

ヒント:“literally”の意味は“actually”または“really”で、“figuratively”の意味は本当じゃないという意味なので、この例題は間違えです。“Figuratively”は誇張または何かの意味を大きく言うために使います。

正解: Figuratively speaking, I’m melting because it’s so hot.(誇張していえば、暑いので私は溶けています。) / It’s literally 100 degrees out here.(ここの外は本当に100度あります。)

8. LoanまたはBorrow

間違えの例題:Can you borrow me that book? You can loan me my notes.

ヒント:これを聞いている人は”loan”の意味が与えることで、”borrow”の意味が持っていくことなので、混乱するかもしれません。それは意味を訂正することを求められるシンプルな記憶です。

例えば、上記の例で言えば、“borrow me that book”の意味は“take me that book(その本を持ってきて)”です。これを聞いている人に、どこに本を持ってきてほしいのですか?それは言おうとしていることではありません。
代わりに、その本を使いたいので、誰かからほしいのです。

正解:Can you loan me that book? You can borrow my notes.(その本を貸してくれる?ノートを貸すよ)

9. CasualまたはFormal
間違えの例題:(At job interview) “Hey, what’s up?”

ヒント:カジュアルトークは友達に対してで、ボスに対してではありません。これがフォーマルでなければ、それはスラングです。それは不適切またはルーズだと思われてしまいます。英語でよりフォーマルな英語を話すのには、短縮を避け(“how’s”の代わりに“how is”と言う。)より礼儀ただしくするよう心がけましょう。

正解:“Hello, how is everything going?”(こんにちは、いかがですか?)

10. SinceまたはFor
間違えの例題:I have known him for always. I saw him since last year.

ヒント:もし期間を計算しなくてもいいのであれば、”for”を使います。なぜなら時間の単位は文章内ですでに指し示されているからです。もし時間の期間を計算しなければならないのであれば、”since”を使います。なぜならそのスタートポイントのみをお持ちだからです。

正解: I have lived here for two months.(ここには2ヶ月住んでいます。)*計算しなくて大丈夫です。期間が”2ヶ月”と知っているのなら / I have lived here since 1975. (1975年からここに住んでいます。)*今計算しなければなりません。もし1975年(スタートポイント)に来たのなら、今は2016年です。

ライティングの間違え

英語_モチベーション
11. Academic EnglishまたはCasual Texting Language
間違えの例題:(In an academic paper) If u want to know my opinion tho, IDK who should be president.

ヒント:自分のアイデアを伝える時に、メールなどで使う言葉を使わないようにしましょう。全てを完全に書いて下さい。テキストスタイルは学問の目的に使うには不適切な言語です。IDK(I don’t know-私はわからない)などのスラングは、ラフな会話やメールなどのみで使うのがいいでしょう。

正解:If you want to know my opinion, I do not know who should be president.(私の意見が聞きたいなら、誰が大統領になるべきかわからない。)

12. 句読点
間違えの例題:(in a business letter) Dear Mrs. Jones: I am still interested in the job and want to thank you for the interview! I hope you will consider me for the following programs, A, B and C.

ヒント:句読点の目的を理解して下さい。上記の例題では、Mrs.Jonesの名前を書くとき、コンマしか使いません。

コロン(:)は、何かリストを造りたいとき、そして通常誰かの名前を書くときには使いません。

ビックリマークはプロフェッショナルに見えないかもしれません。よく、見込みのある雇用主が気にしない強い感情描かれていました。

正解:Dear Mrs. Jones, I am still interested in the job, and I wanted to thank you for the interview. I hope you will consider me for the following programs: A, B and C.(Mrs.Jones様、私はまだその仕事に興味があり、インタビューを設けていたただけることに感謝致します。次のプログラムのために私を考えて頂けますと幸いです。:A、BとC

13. Run-on Sentences
間違えの例題:I am a woman and I am a good mother and I am an office worker.

ヒント:もし一気にいえないのであれば、上記のように書くべきではありません。追い込み事項は2つ以上の完全な文章が、適切な句読点なしで繋がっている文です。その例では”woman”のあとにピリオドがなく、2つの分かれた文章が含まれるべきです。

正解:I am a woman. I am a good mother and an office worker.(私は女性です。私は良い母で良いOLです。)

14. アポストロフィ
間違えの例題:A womans hat was left on the bus. / Two dogs use the dish. It is the dogs’s dish.

ヒント:アポストロフィは名詞が何かを所有していることを指し示します。その女性に所有された帽子について話していても、最初の文章にアポストロフィがありません。

2つ目の文章では、1匹以上の犬がいますが、正しくアポストロフィを使われていません。単体の名詞はいつも、名詞の最後に“s”がついても、 所有権を指し示しています。
“s”で終わらない複数の名詞も、‘sを使います。しかし、“s”でおわる複数の名詞は、その“s”の後にアポストロフィを付けます。

正解:A woman‘s hat was left on the bus. / Two dogs use the dish. It is the dogs’ dish.(バスに女性の帽子が残っていた。/2匹の犬がそのサラを使っています。それはその犬たちの皿です。)

15. 大文字にする
間違えの例題:one rainy day, i saw sarah at Union street library.

ヒント:この例題では、Unionのみが大文字にされています。しかし本当はそれ以上が大文字に成るべきです。
大文字のルールとして3つの質問を自分自身に尋ねてみて下さい。:

  • ・文章内の最初の文字ですか?もしそうであれば、それは大文字になるべきものです。この文章内でいうと、最初の単語は“one”なので“o”が大文字になるべきです。
  • ・“I”は代名詞ですか?もしそうであれば、大文字にして下さい。“I”はいつでも大文字にならなければなりません。
  • ・物や人の名前を使っていますか?もしそうであれば大文字にしてください。“Sarah”は大文字であるべきで、また“Union Street Library”も、場所の名前なため、完全に大文字にすべきです。

正解:One rainy day, I saw Sarah at Union Street Library.(ある雨の日、私はユニオンストリート図書館で
他言語でネイティブになるには、早く話し、大きくしゃれた単語を使うことだと思っているかもしれません。しかし流暢に話すことは、シンプルな会話でも簡単に達成出来るのです。

もしスピーキングの練習がしたいならば、速く自信をもって話すことができます。さらに良い理解力を持っているとよいでしょう。速く話し多くの間違えをするよりも、ゆっくりはなし正しいことを言った方がいいのです。
なぜでしょうか?もしゆっくりで正しいのならば、話しても読んでも書いても、その方法で成長ができるからです。しかし最初に練習したに違いないでしょう。最終的に、何でも書いたり話したりできる気がするはずです!

もし上記のルールに基いても、話す時によく間違えるのであれば、ライティングを先にやるといいかもしれません。辞書やインターネットでよくある間違えをダブルチェックできるので、ライティングは正しい文章を作り出しやすいです。

深呼吸をし、自分自身に間違えは学びの過程だと言い聞かせて下さい。自分の間違えに責任をもち、しかしそれに集中しすぎなくても大丈夫です。

学ぶことを楽しんで下さい!最も重要なことは、伸びを賞賛することです。すでに習ったレッスンを受け、前に進みましょう。
間違えを学びの可能性に変えられた時に、より強く、有能にそれぞれの間違えをさらに育てられるでしょう。

(※この記事は、FluentUに掲載された「Oops, Did I Say That? 15 Common English Mistakes You Never Noticed Before」を翻訳し一部加筆・修正した内容です。)

情報提供元:English Hacker
記事名:「ミスった!英語学習者が絶対にやってしまうよくある間違い15個