旅行へ行っても、どこかで新生活を始めるときも、そこを歩き、空気に触れて、町を知っていくというのはとても楽しいプロセスですが、
目的地が分からずに、心配になることもありますよね。

今日は、目的地へと無事にたどり着く、英語表現の数々を見て行きたいと思います。

道をたずねるときの英語表現

%e8%8b%b1%e8%aa%9e_%e9%81%93_%e5%b0%8b%e3%81%ad%e3%82%8b

前提:丁寧にたずねる時は”Could you~?”がおすすめ!

以上の表現も、冒頭でご紹介したcould you tell meを最初に付けることで、より丁寧に道を尋ねることができます。

似たような依頼表現でCan you~やWill you~もありますが、Can you~はややカジュアルすぎ、Will you~はやや丁寧すぎる感じなので、Could you~が道をたずねる時にはベストです。

where(どこに?)を聞く

Could you tell me where the national museum is? (国立美術館がとこか教えて頂けませんか?)

Could you~で始まる文は、「~して頂けませんか?」と丁寧にお願いをする時に使います。

”Where ~ is” の~を行きたい場所に置き換えれば、様々な場所を尋ねることができます。

Could you tell me where the nearest subway station is? (地下鉄の最寄りの駅はどこですか?)

The nearestはnear(近い)の最上級で、最も近い場所を尋ねることができます。

  • the nearest hotel(最寄りのホテル)
  • the nearest bank(最寄りの銀行)
  • the nearest cafe (最寄りのカフェ)

Could you tell me where I am.(私の、現在地を教えて頂けませんか?)

完全に迷ってしまった時などは、地図を広げて以上のようにお願いしてみましょう。とりあえず、どこへ行くにも自分の居場所を把握するのは第一歩ですよね。

How(どうやって)を聞く

How far is the central park on foot?(セントラルパークは、徒歩でどれくらいですか?)

目的地までどのくらいかを訊くことができます。
on footは「徒歩で」と言う意味ですが、その他の交通手段を使う場合には、
by car(車で),by train(電車で), by bus(バスで)と言ったように、by~を使って表現します。

How far~と聞いているわけですから、厳密にはどれくらいの距離があるかと訊く表現ですが、最後に「徒歩で」と加えているので、
実際の距離ではなく所要時間を答えてもらうことができます。

How Can I get to the market?(市場にはどうやって行けますか?)
どの道を行けばよいのか、どんな交通手段がベストかを聞くことができます。

which(どちらへ?)を聞く

Which way is King street? (どちらの方角がキング通りですか?)

大まかな場所は分かっているけど、実際、右と左どちらに行けばよいのか分からない、という時に便利です。

Which train goes to Main station?(メイン駅行きの電車はどれですか?)

駅へ着いたけれど、乗り場が分からなかった時など聞いてみましょう。

 

海外では、地図を広げていると「どこへ行くんだい?」と地元の人が気軽に声をかけてきてくれることもしばしば。親切な人々の力を借りて、自分の行きたい場所へ冒険する表現をご紹介しました。

情報提供元:English Hacker
記事名:「海外で道に迷ったら!知っておきたい道をたずねるときの英語表現