日本文化には素晴らしいものがたくさんありますが、服飾の美として着物はまっさきに挙げることができる日本特有の文化です。着物について英語で説明する文例をご紹介します!

外国人に人気の「着物」を英語で紹介してみよう!

%e8%8b%b1%e8%aa%9e_%e7%9d%80%e7%89%a9

そもそも着物とは?について

Kimonos are traditional Japanese clothes.
着物は日本の伝統的衣装です。

着物全般について述べているので「Kimonos」と複数形にします。「伝統的な」昔からの文化について使う形容詞はtraditionalです。

着物を説明しよう

To wear a Kimono, you need an Obi, which is a traditional belt.
着物を着るためには、伝統的なベルトである帯が必要です。

最初にa Kimonoと単数系で述べているので、帯のほうもan Obi、a traditional beltと単数系でそろえましょう。which以下の文は、直前にかかって「an Obi」を形容しています。

The Furisode is a formal kimono for young women.
振袖は若い女性が着る正装です。

振袖は日本語にしかない単語なのでそのまま使いましょう。若い女性が正装として着るという一般的事項を述べているのでyoung womenと女性「woman」も複数形にします。formalは「正式の、儀礼的な、慣習に従った」という意味です。

着物を着る日本文化について

Married women wear Tome-sode, which means fixed-sleeve kimono.
既婚の女性は留袖を着ます。留袖は袖を固定された着物という意味です。

この文でも複合形容詞を使ってみましょう。Kimono which sleeve is fixedと言うことができますが、fixed-sleeveと言ったほうが簡単でわかりやすいですよね。

meanは「〜を意味する」。Tome-shode(留袖)が日本語でどういう意味があるか説明することで、留袖がどのような着物なのかも説明することができますね。

Nowadays Kimonos are worn for special ceremonies, parties and weddings.
現今では、特別な式典、パーティー、結婚式で着物を着ます。

着物が主語であるので、「着物は着られます」と受動態にして説明します。

nowadaysは「現今では、このごろは」という意味。同じような意味を表す単語にrecently、lately、these daysなどもがありますが、recentlyは「最近起こったこと」、latelyは主に現在完了形と一緒に「最近ずっと〜だ」というニュアンスで継続状態や反復していることを表すときに使われます。These daysとnowadaysは過去と対比させて「今日では、現在では」というときに使われるという使い分けがあります。

着物の特徴にについて

There are several kinds of kimonos.
着物にはいくつか種類があります。

着物の種類はたくさんあるので、複数形のThere are〜で「〜がある」にします。several「いくつかの」がかかるので、kind「種類」にsをつけて複数形にします。

It’s a long-sleeved kimono.
袖が長い着物です。

振袖の説明です。a kimono which sleeve are long.と言うこともできますが、これを一言で簡単にlong-sleeved kimonoと言うことができます。

これは複合形容詞といって、2語を前から形容するときに「-」を使って形容詞をつくることができるとても便利な方法です。

  • long-haired girl (長い髪の少女)
  • warm-hearted person (あたたかい心を持つ人)

などと、様々な形容詞をつくることができます。

 

日本人だから日本の伝統衣装についていつでも言えるようになっておきたいですね。Tell me about Japanese culture!(日本文化について教えて!)って言われたら、まず着物について話しましょう!

情報提供元:English Hacker
記事名:「帯や振袖を説明できる?外国人に人気の「着物」を英語で紹介してみよう!