Kick Assという単語はご存知ですか?もしかしたら耳にしたことがある方は多いかもしれません。アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツが出演した映画『キック・アス』のタイトルになっています。そんなKick Assという単語には様々な意味があり、ネイティブがよく使う単語なのです。今回はKick Assの7つの用法を大紹介します。

英語ネイティブがよく使うKICKASSの7つの用法

英語_キックアス

1. 相手を負かす、やっつける

これは相手を肉体的にダメージを与えることですね。Kickは「蹴る」、Assは「お尻」という意味なので想像しやすいですよね。
If you don’t give me the money you owe me, I’m gonna kick your ass.

もし俺が貸したお金を返さなかったら、ぶっとばすからな

2. スポーツの試合などで敵を倒す、敵に勝つ

 何かの競技や試合などで相手に勝利するといった意味で使われます。

I want to kick their ass.
彼らに勝ちたいんだ

倒したい相手をkickとassの間に入れます。例えばkick his assだと「彼に勝つ」という意味になります。

3. いい仕事をする、良くやる

何かとてもいい仕事をしたとき、成果を残した時などに使われます。同意語としてDoing a very god jobが挙げられます。

He has been kicking ass with his new job.
彼は新しい仕事でいい結果を出している

4. 最高、すごい、格好いい

Kick Assは形容詞として使われると最高、すごい、格好いいなどの褒め言葉の意味を持ちます。

I have a feeling that this is going to be a kick-ass movie.
これは最高な映画になるような感じがするんだ

5. 最高じゃん!すごい、やったな!

何かいい知らせを聞いた時に手短く素早い返答として使われることもあります。
I just got a new job.  Wow, that’s kickass!

新しい仕事見つかったよ。 やったじゃん!

6. 人のモチベーションをあげる

何かをもっとさせるために人のモチベーションをあげる、だらだらするのを止めさせるというニュアンスです。

I have to kick your his to get him to work more.
彼に仕事をもっとさせるために彼のモチベーションをあげないといけない

7. へとへとになること、するのがかなり難しいこと

何か達成するのが困難な事、するのがとても困難な事です。

That idea is a real ass-kicker.
そのアイデアは本当に難しいな

Working all day in the sun is an ass-kicker.
太陽の下で一日働くのはへとへとになるよ

日本語での意味だと分かりづらいと思うので、英語で説明するとass-kickerはSomething that is really difficult to doです。こっちの方がイメージが付きやすいのではないでしょうか?

 

今回紹介したKick Assをぜひ日常会話で使ってみてください!一つ気を付けてほしいことはインフォーマルな言葉なので、ビジネスなどの場で使用することは避けてくださいね

情報提供元:English Hacker
記事名:「英語ネイティブがよく使うKICKASS(キック・アス)の7つの用法