テリー・プラチェットが執筆した“The Light Fantastic”では、Twoflowerは”もし彼が大きくゆっくり話していたら、誰か何かを理解したかもしれない”と信じる観光客でした。

もし旅行をしたことがあるのであれば、Twoflowerのような人に会ったことがあるかもしれません。問題は、もしゆっくりはっきり話していても、外国語は誰かに理解してもらえないのです。

ここにシンプルな解決策があります、それは英語を話すことです。

世界中どこに言っても、もしその場所の言語を話せなければ、英語を話せる人が見つかるかもしれません。なので英語は観光業で働く人にはとても重要なのです。

なぜ観光業界で働くのか?

guide-752654_640

観光業界とは何でしょうか?

観光客とは彼らの家ではない場所を探検したり見たりする人のことを言います。観光客を助ける人々は観光業界の一部です。観光業の仕事には以下が含まれます。

  • 空港や航空会社での仕事:チケット販売やCAなど
  • イベントオーガナイザーやコンシェルジュ(観光客がイベントや交通機関のチケットを手に入れることを手伝う人)
  • 交通機関の仕事:タクシーの運転手など
  • 地域のエンターテイメント関連の仕事:ツアーガイドやレストランでの仕事など

これらはほんの一部で、これ以上に観光の仕事は他にもたくさんなります。

観光業で働くことは多くの仕事の可能性があり、とてもすばらしいことです。そこには成長し昇格するチャンスが多くあります。人々が旅行し続ける限り、そこにはいつも観光業の仕事があります。

観光業の英語と普段の英語の違い

moscow-1556561_640
英語は世界中の多くの人から使われており、観光業の仕事では、英語を知ることがとても重要となります。違う国の人に合うときは、お互いを理解するために、英語を使うことができます。

観光業の英語は普段の英語と少し違います。:

  • より丁寧でフォーマル 観光業の仕事は観光客やお客様を助ける仕事であるため、尊敬語を使用しなければなりません。
  • 反復が多い多くの観光業の仕事は同じ単語や言い方を繰り返します。例えば、もしタクシーの運転手であれば、お客様に目的地をよく聞くでしょう。なので、アドレスや目的地をわかる必要があります。
  • シンプルで明確多くの観光客が英語を話しますが、すべての観光客が上手に英語を話すとは限りません。なので英語はシンプルで明確であり、英語をあまり知らない人でもわかるようにしなければなりません。

どのように観光業の英語を学ぶのか、それは普段の英語を学ぶ時と若干違ってきます。

テレビでも映画でも、オンラインのクラスから、その他様々な方法で学べますが、観光業の英語を学ぶのに素晴らしい方法の一つは、本を使うことです。

正しい本を選ぶ

books-918521_640
観光業の英語を学ぶために使える2種類の本があります。: テキスト ガイドブックです。

テキストは通常、先生が先導し授業で使われます。いくつかのテキストはワークブックがついてきて、テキストの概要や習ったことを練習するための練習問題がのっています。

ガイドブックは旅行者のために書かれています。訪れるべき場所を書いていたり、泊まるのにおすすめのホテルや新しい場所に旅行する人のための役立つ情報が書かれています。多くのガイドブックには歴史情報や人気の場所に訪れるベストタイミングのお得情報など載せています。まるでその土地の友達がローカルな情報をくれるような感覚です。

どのような本を選ぶかは、勉強スタイルによると思います。もしはっきりと説明されており、きちんと整理された方法が好きであれば、テキストで学ぶことをおすすめします。もし自然な文脈で言語を見ながら学ぶことを好む場合、またガイダンスで学べる場合は、ガイドブックを使って学ぶと良いでしょう。

このような本から多くのことを学ぶことができますが、テキストとガイドブックからの学ぶ方は異なります。

以下には、テキストまたはガイドブックをつかった学び方の方法をお教え致します。

テキストから学ぶ観光業の英語の学び方

  • もし可能であれば、観光業やホスピタリティの英語のクラスをとってください。
    テキストは先生がその情報を理解するために助けてくれる時、より使いやすくなります。
  • 読む前に流し読みをして下さい。 基本的に流し読みは、テキストをすべての単語を読まずにざっとみることを言います。毎回新しいチャプターから始めるときは、そのチャプターのページを流し読みしましょう。チャプターのタイトルを観て、大文字またはイタリック体になってる場所をみましょう。イントロダクションや概要があればそこを読みましょう。これは新しい情報のための準備に役立ち、その新しいチャプターで何が学べるか、良いアイデアをくれます。
  • 一度に少しずつ行って下さい。テキストにかかれていることは時々理解するのが難しかったり、たくさんの情報がそれぞれのページにあったりします。本を終わらせることに急がず、1回に一つのことを学びましょう。前のチャプターについて完全に理解してから、テキストの次のチャプターにいきましょう。少し長くかかるかもしれませんが、しかしより良く学ぶことができます。
  • 勉強する時間と休憩時間をスケジュールに組み込みましょう。勉強する時間を確実に作りましょう、静かで心地よい場所で、邪魔されないようにしてください。休憩することも忘れずに。10分リラックスして頭をリフレッシュし、動きまわったりすることで体もリフレッシュしましょう。
  • それぞれのチャプターは2度読みましょう。初めてチャプターを読む際は、何もノートニ書かないで下さい。ただ読んで理解しようとしましょう。何かわからないことがあれば、ペンでマークしておきましょう。2回目に読んだ際、より注意して読み、ノートをとったり、難しい場所を理解するために時間をかけましょう。

ガイドブックから学ぶ観光業の英語の学び方

  • ガイドブックを本のように読まないで下さい。観光客は最初から最後まですべてのガイドをよみません。そこには情報が多すぎます。代わりにいくつかのセクションを読みましょう。
  • 単語やフレーズに注目して下さい。 いくつかの単語は何度も何度もガイドブックにでてきます。attractions (訪れるのに面白い場所)やitinerary (旅行のすべてのスケジュールが書かれたリスト) 、accommodations (ホテルなど泊まる場所)など、観光業界でよく使われる単語です。もし単語やフレーズで1回以上繰り返されているものをみたら、書き出してみてみましょう。
  • 働きたい国や街のガイドブックを使いましょう。これをすることにより、そのエリアの異なる歴史の真実や、訪れたい場所、食べる場所やすることの情報などを学べます。あるエリアを良く知ることは、観光業の仕事にも役立つのです。
  • セクションごとにノートを取りましょう。ツアーガイドはいつもロケーションによって用意されており、泊まる場所、食べる場所、冒険する場所などの情報を持っています。ノートを取るときは、ロケーションごとではなく、トピックごとに整理して下さい。例えば、交通に関するノートをまとめたり、歴史的な用語や出来事を違うセクションに書いたり、レストランの単語を違うセクションに書きます。

さぁ観光業の英語を学び始めましょう!

観光業の英語を本で学ぶ:おすすめの9つの本-テキストとワークブック

“Tourism 1 Student’s Book”

english for tourism book

Oxford Pressという高いクオリティを保つ出版社から出版された本で、このワークブックは観光業の仕事に興味をもつすべての生徒におすすめの本です。

初めのワークブックはどのように話し、航空チケットや旅行などの観光商品を売るのか教えてくれます。

そのシリーズには違う本もあり、自分に合った本を選ぶことができます。

“Going International: English for Tourism Student’s Book”

english for tourism book

これはOxford Pressからでた違う本で、観光業の単語などに注目したものとなります。

すべてのセクションにはすべての単語と概要があり、現実で学んで事をどのように使うかのアイデアがのっています。もし観光業界で働いていたら、これは素晴らしい本になるでしょう。

“English for International Tourism”

このテキストは有名な出版社、Pearsonからでている本です。多くの写真を使い、いくつかのオーディオセクションがあるので、大きな声で話された教材を聞くことができます。

この本は良くまとめられていて、しかし一つの場所に多くの情報があるので、先生や少なくとも友達や他の生徒と一緒に読む方がいいでしょう。そうすればグループアクティビティとして練習できます。

“Flash on English for Tourism”

english for tourism book

この“Flash on”シリーズは、短く簡単に理解しやすいようなユニットに、成り立っています。”Flash on English for Tourism”はワークブックで、テキストよりもより対話式で、単語やスキルのテストが多くの方法で用意されています。

ガイドブック

“Rick Steve’s Europe”

Rick Steve’s guide booksはフレンドリーで簡単に理解できるように書かれています。ヨーロッパの国では多くのガイドがありますが、興味がある国が見つからなくても、Steveの本は多くのことを学べます。

その本は観光業の単語(景色や宿泊施設など)や観光場所の面白い歴史などが書かれています。

“Let’s Go” travel guides

この“Let’s Go”シリーズは生徒のために書かれ、バーなど若い人が行きたい場所を多く書かれた本になります。もし若い人が多くいるような場所で働くのであれば、この本は素晴らしい教材になるでしょう。

“Lonely Planet”

“Lonely Planet”は英語がネイティブの人でも読むのが簡単ではないガイドブックなので、すべてを理解しようとしなくても大丈夫です。その代わりに、単語とフレーズ、例えば world-famous (世界中で知られている) やovernight stay (一日だけホテルに泊まる)などを学べます。

“Bradt’s Eccentric” series

教育のための本や、読むのが面白い本を探しているならば、“Brandt’s Eccentric”シリーズはいかがでしょうか。これらの本は風変わりなものについて書かれています、普通のツアーガイドよりも面白く、しかしこの業界で仕事に使える単語やフレーズを学ぶことができます。

Bill Bryson’s travel books

Bill Brysonの本はガイドブックではないのですが、ガイドブックとして使えます。
この本は、誰か違う人の経験を通して様々な場所を知ることができる、とても素晴らしいものです。Brysonはイギリスやアメリカのような場所に行った時の彼のアドベンチャーについて書いています。彼の本はとても素晴らしく、素晴らしい方法で英語が伸びます。そして旅行のシーンが多く書かれているので、多くのフレーズや単語を学ぶこともできます。
これらのテキストやガイドブックに感謝し、観光業界で働く準備をしましょう。

ただ、これらの本を読んでいると、旅行に行きたくなるかもしれません!

もう一つ伝えたいこと…

もし観光のための現実で使われる英語を学びたい場合は、FluentUのアプリをチェックしましょう。このウェブサイトのように、FluentUのアプリは、有名なトークショーや、キャッチーなミュージックビデオ、コマーシャルから英語を学ぶことができます。 ここでみることができます。:

best English apps

 

もし見たい場合は、FluentUのアプリをダウンロードして下さい。

FluentUのアプリではとても簡単に英語のビデオを観ることができます。対話型の表題があるので、イメージや定義、役に立つ例題をみるために単語を軽く叩いて下さい。

best English apps

FluentUは、世界で有名な芸能人と携わっているコンテンツを学ぶことができます。

例えば、“brought”という単語を知りたければこのようにでます。:

best English apps

FluentUで知りたい単語を軽く叩いてみましょう。

ビデオやクイズで単語を学ぶことができます。左や右にスワイプし、さらに学びたい単語の例題をみましょう。

best English apps

FluentUは役に立つ質問や例題で、更に早く学ぶことができます。詳しい情報はこちら。

素晴らしいポイントはなんでしょうか?FluentUは皆さんが学んだ単語を忘れません。例やビデオを、皆さんが学んだ単語をべースにしておすすめしてくれます。自分用にカスタマイズされるのです。

(※この記事は、FluentUに掲載された「A World of Books: 9 English Tourism Books You Will Love」を翻訳し一部加筆・修正した内容です。)

情報提供元:English Hacker
記事名:「旅をしたくなる!、観光案内が英語で出来るようになるための本9選