世界最高峰・エベレストの登頂を目指していた登山家の栗城史多さんが志望していたことが21日、わかった。35歳だった。

 同日、テレビ朝日が報じており、栗城さんは21日にエベレストを下山途中に遺体で発見されたとのこと。無酸素での単独登頂を目指していた栗城さんは、12日にベースキャンプを出発。しかし、21日未明にかけて「体調が悪くなり、7400メートルの地点から下山する」と無線連絡をした後に消息が途絶えていた。

 栗城さんは今回でエベレストに挑戦するのは8度目。詳しい死因はわかっていないという。栗城さんは2012年には重度の凍傷が原因で手の指9本を失っている。

情報提供元:News Lounge
記事名:「登山家・栗城史多さん死亡 エベレスト下山途中に遺体で発見