『だるまちゃん』シリーズなどで知られる絵本作家のかこさとしさんが今月2日、慢性腎不全のため、神奈川県藤沢市の自宅で亡くなったことが7日、わかった。92歳だった。

 同日、NHKが報じており、かこさんは現在の福井県越前市の出身。東京大学工学部に入学後、演劇研究会に入り、子供向けの演劇の脚本を書き始めた。東大卒業後は、一般企業に勤めるかたわら絵本を書き、1959年にダム工事の様子を森の動物たちの視点で描いた『だむのおじさんたち』で絵本作家としてデビュー。

 代表作の一つ『だるまちゃん』シリーズは、好奇心旺盛な主人公の「だるまちゃん」が、季節ごとの子供の遊びを通して友達や家族と温かく触れ合う様子を描き、67年に1作目が出版されてから50年以上に渡り、人気を集めた。

情報提供元:News Lounge
記事名:「絵本作家・かこさとしさん死去 『だるまちゃん』シリーズ