集英社のジャンプスクエア編集部は23日、公式ホームページで、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』の連載再開を発表した。

 同作は原作者の和月伸宏氏(本名・西脇伸宏)が昨年11月、児童買春・ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で警視庁に書類送検されたことを受け、12月4日発売号から連載を休止。公式ホームページでは、「長らく休載させていただいております本作ですが、読者および関係者の皆様には多大なご迷惑とご心配をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます」と謝罪している。

 続けて、「作家は現在も反省と悔悟の日々を送っておりますが、皆様から寄せられる様々な声に、作品作りを通してお応えしていくこともまた作家ならびに出版社の責務であると考え、本誌7月号(6月4日発売)より連載を再開させていただくことにいたしました」と、連載再開をアナウンスした。

情報提供元:News Lounge
記事名:「『るろうに剣心』連載再開 原作者は「反省と悔悟の日々」