人気アイドルグループ『AKB48』の稲垣香織(20)が、1日にさいたまスーパーアリーナで行われた公演中、ステージに落下して、後頭部を骨折していたことが2日、同グループの公式サイトで発表された。

 公式サイトでは、「『AKB48単独コンサート・夜公演』において、稲垣香織が終演間際のパフォーマンス中、Bステージから花道に戻ろうと歩いていたところ、スタンド上部を見ていたため誤ってステージより落下し、直ちに病院に向かい医師の診断を受けました」と、ステージに落下した際の様子を詳しく説明。

 診断の結果については、「後頭骨の骨折が認められているものの、その他に異常はなく、本人の意識もはっきりしており、元気に会話も出来る状態です」としており、稲垣の今後については、「しばらくの間は治療に専念し、万全な状態になるまでは活動を休止致します」と、しばらくは静養することを発表した。

情報提供元:News Lounge
記事名:「AKB48稲垣香織ステージから落下し、後頭部骨折