NHK・Eテレのアニメ『ねこねこ日本史』(水曜・午後6時45分~)は27日、ロックミュージシャンのデーモン閣下の肖像を無断使用した疑いがある2月28日の放送回について、デーモン閣下を直接的に意識させるキャラクター「デーモン高杉」を登場させたことについて、謝罪した。

 同アニメの公式サイトでは、「高杉晋作のキャラクターが、デーモン閣下を直接的に意識させる顔の模様及び扮装をして…」と、無断使用を認めた上で、キャラクターを登場させることや演出方法について、「丁寧に相談等しながら進めるべきところ、これを欠いたことにより、デーモン閣下、関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしました」と謝罪。

 デーモン閣下は今月15日、自身のブログで、肖像を無断使用されたことについて、「君たちは天下の公共放送のスタッフだぞ。何で当たり前の『許諾確認の段取り』が踏めなかったのかね?」と、批判していた。

情報提供元:News Lounge
記事名:「NHKがデーモン閣下肖像無断使用を謝罪 Eテレアニメ『ねこねこ日本史』で