マンションの一室に侵入したとして、住居侵入と窃盗未遂の疑いで1月22日未明に現行犯逮捕されたお笑いコンビ『トップリード』の新妻悠太(36)について、所属事務所の大田プロダクションは6日、不起訴処分となったことを報告し、同日付で契約を解除したと発表した。

 公式サイトでは、「このたび弊社所属のトップリード・新妻悠太に関しまして、担当弁護士を通じ、検察庁において不起訴処分になったとの連絡をいただきました」と報告。続けて、「ことの重大性や社会的影響に鑑み、所属事務所といたしましては本日付をもちましてトップリード・新妻悠太との所属契約を解除いたしました」としている。

 これを受け、相方の和賀勇介(36)は自身のツイッターで、「今回の件において、誠に残念ですが、トップリードは解散することになりました」と、コンビ解散を発表。そして、「とりあえず、一人で頑張ってみます」と、今後はピン芸人として活動していくことを明言した。

情報提供元:News Lounge
記事名:「新妻逮捕受け…トップリードが解散 相方の和賀「一人で頑張ってみます」