TOKIO紅白歌合戦司会に意欲?城島茂 自身の結婚はまたもダジャレでかわす

TOKIOが紅白歌合戦内で会見を開いた

 アイドルグループ『TOKIO』が29日、東京・NHKホールで開かれた『第68回 NHK紅白歌合戦』リハーサルに登場した。

 城島茂(47)、山口達也(45)、国分太一(43)、松岡昌宏(40)、長瀬智也(39)の5人組『TOKIO』。1994年から24回の出場を誇る彼らは、今年は紅白で4度目の『AMBITIOUS JAPAN!』を歌唱する。

 会見場に5人で楽しげにワイワイ話しながら登場。5人とも出場へ「嬉しいことですよ」と、うなずきあい松岡は「紅白出場というのを頂けると本当に嬉しいです」と、ほほ笑んだ。

 24回連続ともなると、リーダー城島を指してメンバーたちも「鳥羽一郎さんみたい」と、“大御所感”をいじって楽しんでいるのだとか。

 『TOKIO』の活動へ山口は、「我々TOKIOは低空飛行を保って行けているのが嬉しいですね」と言っていたところ、国分が「いつ紅白から司会来るんだろうね。『嵐』のあたりからぐるぐる回っていて」というと、山口は「俺たちはこれでいいんだよ!ガヤタレントですから」とたしなめて笑いを誘うことも。

 続けて、今年の活動について飛ぶと、長瀬は「個々の活動も忙しくさせてもらっていたし、主題歌としてやらせてもらってそれはそれですごくいい経験だったなって」と、個人個人が充実していたそうで、25周年に向けて力を蓄えているよう。

 山口が●年に離婚したことへ自分から触れたことから城島におめでたい話題はないのかとの声も飛んだが、城島は『V6』で“カミングセンチュリー”の岡田准一が宮崎あおいと結婚したことを引き合いに「“かみさん”の話をしようと思ったけど、“カミセン”が先になっちゃったんで」と、以前にも報道陣の直撃を受けたときにうまく対応した得意のダジャレで質問をかわし、松岡も「酒も飲まずによくそんなことが言えるな(笑)!」と、感心したりほかのメンバーから「後輩をダシに使う!」と、ツッコミも飛んで、その場に居た全員を爆笑させていた。

 さらに、城島へ岡田の結婚のコメントを求めると、「おめでたいですよね」と祝福しつつ、「先輩グループになりますけど、同じ釜の飯を食べて同期なんですよ」と、感慨深げ。すると山口が「岡田をオーディションしたのわれわれなんです」と、縁があったとも。ちなみに岡田の結婚が報告されたクリスマスイブのタイミングでは、山口、城島、長瀬の3人で「僕らは石垣島のロケでイグアナ捕まえてましたから。必死で!」と、ロマンティックとは縁が遠かったと笑いを誘っていた。

情報提供元:News Lounge
記事名:「TOKIO紅白歌合戦司会に意欲?城島茂 自身の結婚はまたもダジャレでかわす