Little Glee Monster、初紅白に「スゴい!やっと実感わいてきた!」とワクワク!「同世代の支持つかみたい」

“リトグリ”見参!

 29日、東京・渋谷のNHKホールで行われている『第68回NHK紅白歌合戦』の公開リハーサル。大ヒットドラマ『陸王』(TBS系)で「Jupiter」をカバーした劇中歌でもご存知、Little Glee Monsterだが、リハーサル初日を終えて報道陣の取材に応じたmanaka(17)は「スゴい!やっと紅白に出る実感がわいてきた。いま、ワクワクしている。私たち自身がテレビで出ていたステージで歌えることがうれしい。明るくて楽しい曲なので、視聴者のみなさんに楽しんでいただけるよう、がんばりたい。今年の最後まで歌えるのがうれしい。本番は今年一番よかったなというパフォーマンスにできたら」と意気込んだ。

 2014年にメジャーデビューし、現在は芹奈(19)、アサヒ(18)、MAYU(18)、かれん(19)、manakaの5人で活動。力強い歌声と透き通ったハーモニーで話題を集めており、女子中高生を中心に人気で今年1月には初の日本武道館公演を敢行し、大成功を収めている。

 今年の紅組ではトップバッターを務め、『好きだ。〜夢を歌おうver.〜』を歌うが、かれんは「トップバッターなので盛り上げていきたい」とやる気満々。今年一年についてはアサヒが「武道館からはじまって紅白で終わる。いろんな方たちに私たちの曲を聴いてもらえた1年だった」としみじみ。

 最後にmanakaが「2020年東京五輪の開幕式で歌うのが目標なので、今後もとくに同世代の支持をきっちりとつかんでいきたい」を目を輝かせていた。

情報提供元:News Lounge
記事名:「Little Glee Monster、初紅白に「スゴい!やっと実感わいてきた!」とワクワク!「同世代の支持つかみたい」