タレントの早見優(51)が26日、自身のブログで、以前から患っていた子宮筋腫が悪化し、手術していたことを明かした。

 ブログでは、「実は以前から患っていた子宮筋腫がこの1年でかなり大きくなったため、先週手術を受けました。お腹や腰の痛みが悪化してきたことを医師に相談したところ、年内に摘出しましょう、ということになり、手術を受ける形になりました」と、手術の経緯を報告。

 今後については、「先生のお話ですと6週間から8週間安静をすすめられたため、1月、2月いっぱいはお仕事をお休みさせて頂きます」と、来年2月まで完全休養することを発表した。

情報提供元:News Lounge
記事名:「早見優 子宮筋腫摘出手術で来年2月まで休養