指原莉乃プロデュース「=LOVE」センター髙松瞳 人生初の広告起用!同姓の「髙松コンストラクショングループ」

 アイドルグループ『HKT48』指原莉乃(24)プロデュースのアイドルグループ「=LOVE」(イコールラブ)にてセンターを務める髙松瞳(16)が、同姓の会社である「株式会社髙松コンストラクショングループ」のイメージガールに就任したことが分かった。

 同社が、創業100周年を記念して、「TCG」という新たなグループ表記と共にロゴマークを刷新することを発表。

 それに伴って、イメージガールに代々木アニメーション学院×指原莉乃プロデュースアイドルグループ「=LOVE」(イコールラブ)でセンターを務め、同社と同じ名字でもある髙松瞳を起用。デビューしたてでこれから躍進が期待されるアイドルグループと次の100年に向けて歩みはじめ、「お客様とまっすぐに向き合いたい」という同社の想いを表現する広告となっている。

 また新スローガン「想いを築く。心に響く。」には、「品質や技術を誇るだけではなくお客様一人ひとりとまっすぐに向かい合うことで、心からの感動や喜びを提供する」という同社の志が込められている。

 ■髙松コンストラクショングループ

 髙松コンストラクショングループは、持株会社である株式会社髙松コンストラクショングループと、髙松建設株式会社を中心とした建築主体の「髙松建設グループ」、青木あすなろ建設株式会社を中心とした官公需・土木比率の高い「青木あすなろ建設グループ」の2グループからなる事業会社18社の合計19社で構成。創業以来培ってきた建築のノウハウを活かしながら、髙松建設などが手がける東京・大阪を中心とした賃貸マンション建築から、青木あすなろ建設などが手がける事業用建物の建築まで、あらゆるニーズに応える建物の建築を行っています。建築技術だけでなく、お客様のニーズに合ったサービスやデザインなどにきめ細かく対応しています。

 



情報提供元:News Lounge
記事名:「指原莉乃プロデュース「=LOVE」センター髙松瞳 人生初の広告起用!同姓の「髙松コンストラクショングループ」