野村萬斎 映画「花戦さ」へ「日本のスタンダードになるんじゃ」と自信!佐藤浩市「吹き替えでも良かったんじゃ」とため息も

野村萬斎 映画「花戦さ」へ「日本のスタンダードになるんじゃ」と自信を見せた

 狂言師で俳優・野村萬斎(51)、中井貴一(55)、佐々木蔵之介(49)、佐藤浩市(56)、山内圭哉(45)、和田正人(37)、森川葵(21)、吉田栄作(48)が29日、東京・有楽町の朝日ホールで映画『花戦さ』(監督:篠原哲雄/配給:東映)舞台あいさつに登壇した。

 暴君と化してしまった豊臣秀吉(市川猿之助)の圧政から町衆を守るため真っ向から秀吉に戦いを挑んだ花僧、初代・池坊専好(萬斎)。秀吉と一世一代の大勝負をすることになった専好は、花を手に秘策を持って臨むのだが……。

 野村は手を頭に当てながら、「髪の毛伸びました。この作品のときは刈っていたんです」と、撮影へ気合を入れて臨んでいたといい、「少年のような池坊専好がいろいろな人間関係のなか戦に挑むという姿。それが花というところの優しさというところにも注目してもらえれば」と、アピール。

 続く佐藤も「お花とかお茶とかが立派なんだなと思える非常なポップな時代劇になっています」とうなずき、吉田も「花の持つ力が、花の表現がこんなに人々の癒やしになり、明日への活力なったんだなというのをこの作品を通してあらためて勉強させて頂きました」と、感じ入っていたそうだ。

 そんな本作の撮影へ、野村は「撮影が京都だったので、現場に入るとなぜか京都弁で話し始めるというのがあったんです。ネイティブの人ももちろんいらっしゃる人もいたんですけど、ちょっとエセっぽい人もいるなというのもありました」と笑いながら、不思議な感じだったことを明かしたり、佐藤が「観ている方が違和感を感じないように手の動きを気をつけていたんですけど、監督が手しか撮ってくれないんです。吹き替えでも良かったんじゃないか」と、漏らして場内を沸かせていた。

 「日本の文化がたくさん詰まっています!これからの日本のスタンダードになるんじゃないかというくらい文化の香りがします」と、野村がPRしていた映画『花戦さ』は6月3日より全国公開!

野村萬斎 映画「花戦さ」へ「日本のスタンダードになるんじゃ」と自信!佐藤浩市「吹き替えでも良かったんじゃ」とため息も

野村萬斎 映画「花戦さ」へ「日本のスタンダードになるんじゃ」と自信!佐藤浩市「吹き替えでも良かったんじゃ」とため息も

野村萬斎

野村萬斎 映画「花戦さ」へ「日本のスタンダードになるんじゃ」と自信!佐藤浩市「吹き替えでも良かったんじゃ」とため息も

佐藤浩市

野村萬斎 映画「花戦さ」へ「日本のスタンダードになるんじゃ」と自信!佐藤浩市「吹き替えでも良かったんじゃ」とため息も

中井貴一

野村萬斎 映画「花戦さ」へ「日本のスタンダードになるんじゃ」と自信!佐藤浩市「吹き替えでも良かったんじゃ」とため息も

佐々木蔵之介

野村萬斎 映画「花戦さ」へ「日本のスタンダードになるんじゃ」と自信!佐藤浩市「吹き替えでも良かったんじゃ」とため息も

吉田栄作

野村萬斎 映画「花戦さ」へ「日本のスタンダードになるんじゃ」と自信!佐藤浩市「吹き替えでも良かったんじゃ」とため息も

山内圭哉

野村萬斎 映画「花戦さ」へ「日本のスタンダードになるんじゃ」と自信!佐藤浩市「吹き替えでも良かったんじゃ」とため息も

和田正人

野村萬斎 映画「花戦さ」へ「日本のスタンダードになるんじゃ」と自信!佐藤浩市「吹き替えでも良かったんじゃ」とため息も

森川葵

野村萬斎 映画「花戦さ」へ「日本のスタンダードになるんじゃ」と自信!佐藤浩市「吹き替えでも良かったんじゃ」とため息も

篠原哲雄監督

野村萬斎 映画「花戦さ」へ「日本のスタンダードになるんじゃ」と自信!佐藤浩市「吹き替えでも良かったんじゃ」とため息も

 

野村萬斎 映画「花戦さ」へ「日本のスタンダードになるんじゃ」と自信!佐藤浩市「吹き替えでも良かったんじゃ」とため息も

 

野村萬斎 映画「花戦さ」へ「日本のスタンダードになるんじゃ」と自信!佐藤浩市「吹き替えでも良かったんじゃ」とため息も

 

情報提供元:News Lounge
記事名:「野村萬斎 映画「花戦さ」へ「日本のスタンダードになるんじゃ」と自信!佐藤浩市「吹き替えでも良かったんじゃ」とため息も