佐倉綾音&石川界人ヒロアカ2期への思い!オーディションのエピソードなどをトーク

佐倉綾音&石川界人らがヒロアカ2期への思いを語った

 “ヒロアカ”の愛称で親しまれているアニメ『僕のヒーローアカデミア』第1期上映会&秘蔵トークショー vol.2が14日、東京・TOHOシネマズ新宿で開かれ飯田天哉役・石川界人、麗日お茶子役・佐倉綾音、『僕のヒーローアカデミア』のプロデューサー・岡村和佳菜氏が登場した。

 漫画家・堀越耕平氏が『週刊少年ジャンプ』(集英社)に2014年から連載。アニメは今年4月から1クールで放送し、第2期の制作も決定している。“個性”と呼ばれる超常能力を持つ人々が当たり前の世界を舞台に、主人公・緑谷出久が“ヒーロー”になるため仲間たちとともに成長していく物語が描かれる。イベントはTVアニメ第1期全13話を3回に分け、本作初の大スクリーンでの上映とキャスト&スタッフの秘蔵トークショーが楽しめるというもの。

 5~8話の上映後にキャストたちが登壇。和気あいあいのトークを繰り広げながら、岡村プロデューサーが原作の第1話から心を掴まれ半年後にはアニメ化に向けて動き出したという熱量の高い話が明かされることも。

 その岡村プロデューサーの熱量に呼応するようにキャストたちも作品に対して熱い人が多いそうで、山下や石川がアフレコ現場を盛り上げたり、ノリがいいキャストがいたり、コミックスを黙々と読み込む人がいたりと熱の入れ方もいろいろなのだとか。

 さらに、岡村プロデューサーからキャスティングについても語られ、原作者の堀越氏も2人のキャスティングに納得しているということ。石川に関しては主人公の緑谷出久とオールマイト役のオーディションを受けたが実は石川自身が飯田役を熱望して、飯田を意識した発声をして、役を引き寄せたという裏話とともに、石川が飯田の声を出したことによって、逆に堀越氏が飯田のイメージをより鮮明にしたというエピソードも語られていた。

佐倉綾音&石川界人ヒロアカ2期への思い!オーディションのエピソードなどをトーク

 

 話題が第2期へ向くと岡村プロデューサーは、「2期はキャラクターを掘り下げていくということをしていきたいなというのがあります。アニメならではの要素としては、ちょっとした会話とか、原作には描かれていない部分も膨らませられたら」と、構想をコメントすることも。そこで、2期の原画が数カット公開となることもあり、少したくましくなった主人公たちの姿もチラ見することができるものとなった。

 最後に佐倉から、「第2期は少しまたアニメーションならではのヒロアカが観られると思います。堀越先生も第1期を観て喜んでくださっているのが本当に嬉しいですし、第2期を心待ちにしてくださっている人にきょうは原画を見てもらえたのも嬉しかったです」と、感想を寄せると、石川も「僕は出久が大好きでして、第1期の模擬戦が好きなんです。イベントでよりヒロアカの熱を高めることができましたし、みなさんの熱をアフレコ現場に持っていって、さらに向こう側へ行った作品をお届けできれば!」と、気合を入れ直していた。

 ラストはキャスト観客全員で「さらに向こうへ!」「プルスウルトラ!」とコールアンドレスポンスで叫んで終了となった。なお、次回の『vol.3』は12月9日に開催されることも発表となった。

佐倉綾音&石川界人ヒロアカ2期への思い!オーディションのエピソードなどをトーク

佐倉綾音&石川界人ヒロアカ2期への思い!オーディションのエピソードなどをトーク

佐倉綾音&石川界人ヒロアカ2期への思い!オーディションのエピソードなどをトーク

佐倉綾音&石川界人ヒロアカ2期への思い!オーディションのエピソードなどをトーク

佐倉綾音

佐倉綾音&石川界人ヒロアカ2期への思い!オーディションのエピソードなどをトーク

石川界人

佐倉綾音&石川界人ヒロアカ2期への思い!オーディションのエピソードなどをトーク

岡村和佳菜プロデューサー

佐倉綾音&石川界人ヒロアカ2期への思い!オーディションのエピソードなどをトーク

 

情報提供元:News Lounge
記事名:「佐倉綾音&石川界人ヒロアカ2期への思い!オーディションのエピソードなどをトーク