嵐・大野智&松本潤ノーコメントの行動だけで良さ伝える!腕の振りがコツに

嵐・大野智&松本潤ノーコメントの行動だけで良さ伝える!

 人気アイドルグループ『嵐』の大野智(35)と松本潤(33)が今月19日より全国オンエアされる日立アプライアンス 新TVCMドラム式洗濯乾燥機『仕上がりの実感』篇に登場する。

 2010年から日立アプライアンスの日立白物家電シリーズのイメージキャラクターとして『嵐』を起用。今年も8月18日から放送の『真空チルド 鮮度の実感』篇に大野と二宮和也(33)、10月22日から放送の『快適の実感』篇に櫻井翔(34)、相葉雅紀(33)が出演している。

 今回のCM本編で2人はしゃべらずに行動だけで良さを伝える役どころ。まずは、大野がビッグドラムの中からシャツを取りだし、華麗に羽織るところから。かっこよく着終わると、シャツを松本に投げ渡す。それをしっかり受け取り、スタイリッシュに身にまとう松本。終盤のシーンでは、2人が一緒に前方に歩いて向かってくる中、同時に画面を指さす。大野、松本のかっこよさが強く印象に残る中、締められる。日立のドラム式洗濯乾燥機の「風アイロン」機能で、シワを伸ばしながら乾燥し“そのまま”着られることを表現した。

 撮影では、純白のシャツにブラックのパンツとシューズを身に付け、シックなコーディネートで登場した松本。CM内容について監督から一通り説明を受けると、「善処します!(笑)」と笑顔で意気込みを。シャツを華麗に着用するシーンで、普段行わない動きに、当初は苦戦していたが、スタッフに「シャツを回しながら体を入れ込むようにイメージした方がうまくいきますか?」「もっとワイドにシャツを回した方が良いですか?」「口は空いてない方が良いですよね?」など、何度も意見を聞き少しでもいいものをという感じで進めていく。

 そして、松本は、「シャツを振り回す角度がポイントだと思うんですよね。いま自分でしゃべって気づきました(笑)」と、コツを掴んだようで、次第にスムーズに着用できるようになっていった。そんな、考え抜いたシーンだけに、チェック用のモニターで自分がシャツを着るシーンを見た際には、その洗練された動きに、思わず「おしゃれ~!」と、自賛していた。

 その後、大野が合流。「シャツを振り回しながら着るシーン、難しいよ!」と、松本が大野に声をかけると、「かっこいい演技できるかなぁ~(笑)」と、ぽつり。これを聞いた松本がら「しっかりと腕を振ると良いよ」と、着方のコツを教えるなど、和気あいあいといった感じだった。

 そして、華麗にシャツを着用するシーンへ入っていくのだが、大野はアドバイスを“そのまま”生かそうとするも、思うように着られない様子。スタッフから「右手を通す位置が低かったので修正をお願いします」「もう少し大きくシャツを動かしてください」「体ごとではなく、腕だけを回してください」など、かなり具体的な指示が。さまざまなオーダーに応えようとする中で試行錯誤を重ね、11回目のテイクで「あームズい!(笑)」、16回目には「はい次!」と、苦戦してもポジティブな姿勢を見せていた。合計19回のテイクの末に、本シーンの収録を終了させた大野さんは、「すみませんね~本当に!(笑)」と一言。その最後まで明るい様子に、スタジオは労いの拍手を送っていた。

 CM終盤の2人が前方に向かって歩きながら同時に撮影カメラに指さしをするシーン。2人のクールな表情と、完璧なタイミングで同時に指を差す姿が印象的なカットだが、実は当初は撮影予定がなく、2人のスタイリッシュな振る舞いを見たスタッフが、収録現場の中で閃いた演技だったのだとか。急きょこの指差しポーズのレクチャーを受けた後、2人は「1回練習する?」(松本)、「うん」(大野)と、その場で細かく打ち合わせ。そして、松本が「せーの!」と声を出し、演技を合わせると、1回目から、息ぴったりのポージングが!スタッフも「おおっ!」と、思わず声を上げていた。

 日立アプライアンス新TVCM『仕上がりの実感』篇は19日より15秒、30秒でそれぞれオンエアスタート!

情報提供元:News Lounge
記事名:「嵐・大野智&松本潤ノーコメントの行動だけで良さ伝える!腕の振りがコツに