2年ぶり2枚目のアルバムを発売したベイビーレイズJAPAN

2年ぶり2枚目のアルバムを発売したベイビーレイズJAPAN

 2年ぶりとなる2ndアルバム『ニッポンChu!Chu!Chu!』を9月21日に発売したベイビーレイズJAPAN。2年間で、日本武道館ワンマンライブを実現させなければ解散という崖っぷちからスタートして4年。「公約」は実現させたが、満員にはできなかったため、「ベイビーレイズ」から「ベイビーレイズJAPAN」に改名。

 それから2年、今年の7月7日~10日にフランス・パリで開催された日本博覧会『第17回Japan Expo』に初参加。4000人を前に10曲を熱唱した。初主催となる10月6日19時~10月9日16時まで、東京・新宿 @新宿ReNYにて、4周年企画「EMOTIONAL IDOROCK FES. 69時間パーティー!パーティー!!ファイヤー!!!」を開催する。

 日本一のアイドルになる、日本を代表するアイドルになるとの改名理念に近づきつつある彼女たちに、アルバムの聴きどころ、4年間を振り返って、Japan Expoの感想、69時間にわたる「EMOTIONAL IDOROCK FES.」への意気込みなど、本音に迫ったインタビューを2回にわたって掲載します。

        ※        ※        ※           

 ――2年ぶりとなる2ndアルバム『ニッポンChu!Chu!Chu!』が発売されましたが、感想は?

 “リコピン”大矢梨華 すごく満足していて、いい感じになっています。今回2年ぶりのアルバムということで、その間、ベイビーレイズJAPANへの改名もあり、いろいろと成長させていただく場所があったので、この2年の間に経験したことが、このセカンドアルバム『ニッポンChu!Chu!Chu!』に込められているんじゃないかなと思います。

 “でんちゃん”傳谷英里香 ベイビーレイズJAPANとしては初めてのアルバムになるんですけど、熱苦しいのはもちろん、可愛さだったり、面白さだったり、楽しさだったり、本当にさまざまな幅広い楽曲が収録されています。1曲目には自己紹介ソングもありますし、この1枚を手に取っていただければメンバーのこともベイビーレイズJAPANのこともわかっていただけると思うので、ぜひ、たくさんの方に手に取っていただきたいです。

 “愛夏(まなつ)”林愛夏 前作から2年経っているので、前作と比較したら楽しめるんじゃないかなと思います。前回出した時は、武道館公演とちょうど重なる時期で、公演が出来るかできないかという事で、すごく息のしづらい時期に出したアルバムでもありました(笑)。今回は10月のフェスに向けてのアルバムという事で、これからベイビーレイズJAPANに必要であろうという新曲が5曲出来上がったり、ベイビーレイズJAPANになくてはならない盛り上がる曲もたくさん収録されているので、本当に新しく知っていただく方から今までずっと応援してくださっている方まで、楽しめるアルバムになりました。

 “なおすけ”高見奈央 シングル曲としてリリースした曲たちとは別に、アルバム曲が5曲入っているんですけど、それぞれ苦労したと言いますか、煮詰まっていた時もありました。特に、私はラップ担当なんですけど、ラップが言えなかったりとかして、すっごく苦労しました(笑)。でも、いまだからこそ壁にぶち当たれるというか、いままでは駆け抜けてきた4年間だったんですけど、やっと落ち着いて物事を考えられるようになったので、それも込めて、楽曲にちゃんと向き合うことができたので、いいアルバムになったと思います。

 “りおトン”渡邊璃生 前回アルバムを発売したのが、JAPANを付ける前だったので、JAPANになる前のアルバムと比較すると、いまのベイビーレイズJAPANをよく知っていただけるものになっているんじゃないかなぁと思います。ライブ限定曲の『Baby Kiss』も入っているので、ライブに来ていただいていた方も楽しめると思いますし、新曲も盛りだくさんなのでそういった意味でも楽しんでいただけると思います。

ベイビーレイズJAPAN【インタビュー前篇】、「Baby Kiss」初音源化!セリフの言い方に注目

 ――セカンドアルバム『ニッポンChu!Chu!Chu!』のコンセプトは?

 傳谷 『ニッポンChu!Chu!Chu!』というタイトルになっているのは、今年、リオオリンピックがあったというのもそうなんですけど、JAPANに改名したから、日本を代表するグループになりたいという想いと、日本を応援したい、日本を元気づけたいという想いもありました。また、7月にフランスで行われた『Japan Expo』にグループとして初めて海外にいったからこそ、日本文化の素晴らしさ、アイドルのよさを直に学ぶ事が出来ました。日本の良さ、ベイビーレイズJAPANのよさを全面に出したいなということで、アルバムタイトルになりました。

 ――さきほど、高見さんから、ラップが苦労したというお話がありましたが、この曲は難しかったというのはありますか?

 渡邊 『少しだけ』という曲がAメロとBメロがすごく音が低くて、私は低い音が出づらい声質なので、そういった意味ですごく難しかったです。キレイな低い音が。力を抜くと出る気がします。

 大矢 『真夏のフィーバー!』という新曲が入っているんですけど、ラストさびに行く前に、萌えセリフじゃないんですけど、ちょっと可愛いセリフがあって、今回りおトンが言ってくれているんですけど、私じゃないのが分かっているのに、何回も録らなきゃいけない、あのなんともいえないもどかしさ(笑)。その曲はラップもあったりとか、レコーディングの時間が一番長かったんじゃないかなぁ。苦戦した一曲です。

 傳谷 いままで、そんなにセリフはなかったんですけど、『最上級』(2013年3月発売の3rdシングル『JUMP』のカップリング曲)という可愛らしい恋愛の曲があって、高見さんが冒頭で、「伝ちゃんが可愛らしいセリフを言ったら、この曲がさらに盛り上がるんじゃないか」と、提案をして、そこから始まってしまったんです。『Baby Kiss』はずっと音源化されていなくてライブ限定だったんですけど、やっていくうちにファンの方からも、「音源化まだなの?」という声がすごくて、やっと音源化なりました。もう2年以上こういうセリフを言うことになって、メンタルが強くなりました。毎回毎回、本当に照れちゃうんですよ。

 ――ライブとレコーディングでは、どっちがセリフいうとき恥ずかしい?

 傳谷 どっちもどっちですねぇ~。レコーディングの時は、自分の声も聞こえるし、いろんな言い方をたくさんしなきゃいけないので本当に恥ずかしいです。ライブは反応がすぐみえちゃうから、行っているそばから(ウゥゥゥ~!と冷やかすような)歓声が上がると、「やべ私言っちゃったんだ」と。反応を受けての恥ずかしさ、照れはありますね。実際には、絶対に言わないです。ちっちゃい「っ」を10個ぐらい続けてもいい!だから、ほんとうに恥ずかしく、最初は嫌だったんですよ。これはいつまで続ける気だと。だけども、男性だけではなく、女性の方も「Baby Kiss好きだよ」と、求めてくださるのでそれはそれですごくうれしいです。ライブでは、大きな声で言っているんですけど、今回の音源では、声量もそうですし、ちょっと耳元で言うような、音源でしかできない言い方をしているので、そのあたりも聴き比べていただきたいです。

 ――東京オリンピックで復活する女子ソフトボールの『BSジャパン 女子ソフトボール中継テーマソング』の新曲『シンデレラじゃいられない』も収録されていますが。

 傳谷 この曲はすごく女性の力強さが表わされていて、レコーディングをする前に、「中継テーマソングになるよ」というお話をいただいてからのレコーディングだったので、みんなそれぞれ勉強したり、試合見たり、話を聞いたりと向き合ったので、なかなか音源って感情が乗りにくいんですけど、みんなそれぞれ熱さ、熱量を持ってレコーディングすることが出来たんじゃないかなと。

 女性の作詞家さんが書いて下さったんですけど、ソフトボールをやっている方のインタビューをもとに作っていたりしているので、運動やっている方はもちろんですけど、わたしたちも実際に元気づけてもらう曲でもありましたし、全員すべての方に共通して捉えられる曲だと思うので、聞いていただきたいですね。

インタビュー後篇に続く

 

ベイビーレイズJAPAN【インタビュー前篇】、「Baby Kiss」初音源化!セリフの言い方に注目



ベイビーレイズJAPAN【インタビュー前篇】、「Baby Kiss」初音源化!セリフの言い方に注目

“リコピン”大矢梨華

ベイビーレイズJAPAN【インタビュー前篇】、「Baby Kiss」初音源化!セリフの言い方に注目

“でんちゃん”傳谷英里香

ベイビーレイズJAPAN【インタビュー前篇】、「Baby Kiss」初音源化!セリフの言い方に注目

“愛夏(まなつ)”林愛夏

ベイビーレイズJAPAN【インタビュー前篇】、「Baby Kiss」初音源化!セリフの言い方に注目

“なおすけ”高見奈央



ベイビーレイズJAPAN【インタビュー前篇】、「Baby Kiss」初音源化!セリフの言い方に注目

“りおトン”渡邊璃生



情報提供元:News Lounge
記事名:「ベイビーレイズJAPAN【インタビュー前篇】、「Baby Kiss」初音源化!セリフの言い方に注目