「KING OF PRISM」新作制作発表に柿原徹也夜の部で「さらにさらにパワーアップした作品を」

「KING OF PRISM」新作の制作発表!

 『KING OF PRISM Over The Rainbow SPECIAL THANKS PARTY!』夜の部が11日、東京国際フォーラム ホールCで開かれメインキャストの『Over The Rainbow(以下、オバレ)』神浜コウジ役・柿原徹也、速水ヒロ役・前野智昭、仁科カヅキ役・増田俊樹が登場し、司会は鷲崎健が務めた。

 “キンプリ”の愛称で親しまれている劇場版『KING OF PRISM by PrettyRhythm』劇場公開後、初めて行われたスペシャルイベント。昼と夜の2部制開催で場内は満員の3000人、ライブビューイングは2万人で韓国でも中継されるなど、ワールドワイドで熱気にあふれた。

 イベントは劇場本編の応援上映から幕開け。上映前には、キャラクターからこの応援上映のためだけの「みなさんに僕達の愛が届きますように」などの特別メッセージも寄せられることに。かつてない大人数での応援となったが、一体感がある声援が、場面ごとに数多く飛ぶこととなった。

 上映終了後には3人の「SPECIAL THANKS PARTY!」の声からトークショーへ。その冒頭、増田、前野、柿原の3人が映像に合わせて順番に姿を見せるのだが、劇場本編でオバレのオバレの3人が自転車で走るシーンの映像が流れると、自転車をこぎながら3人が登場!増田は小型のシティーサイクル、前野はロードレーサー、柿原はママチャリと細かいところまでこだわりが見え、観客も歓声で迎えることに。さらに、増田がカヅキの決め台詞「バーニン!」と言うと、客席も呼応し、応援上映さながらの「バーニン!」の声がステージに返っていた。

 まずは、『トキめきプリズムアンケート!』と出したテーマに対してキャストがコメントし、観客がどれに共感できるかを図るコーナーから。「旅行に行く時に忘れてはならないものは?」というもので、増田は目覚まし時計、柿原は寝間着、前野は葛根湯と挙げ、葛根湯に共感が集まる意外な結果で沸くことに。また、その途中、柿原は旅つながりで、劇中でコウジがヒロ&カヅキ感動的なシーンの裏話として、「台本のト書きに、列車から顔出して手を振る。『列車、宇宙の彼方に飛んで行く』と書いてあって、どうなるんだ!?って思ってました」と、映像化される前は困惑したというエピソードを披露していた。

 続けては、メッセージを送ってくれたファンを励ます『オバレから愛をこめて! 応援メッセージ』コーナーへ。尺八の演奏者をカヅキが励ましたり、初の富士登山に挑む人へヒロから「頂上で僕が待っていると思って登っておいで、頂上でご来光を見よう」と、誘ったり、ロードバイクに乗り始めた人へコウジが、「スピードの出しすぎに注意。心臓のドキドキの速度の方が大事だからね。Have a nice cycling!」と、呼びかけたりと、胸キュン展開となっていた。

 昼の部と同じく さらに、プリティーリズムのメイン女性キャラクターからの応援メッセージで綾瀬なる(CV.加藤英美里)から「グロリアス、シュワルツ!」を連呼する声が聞こえることも。さらに、涼野いと(CV.小松未可子)から、コウジへのメッセージが寄せられ恥ずかしがりながらメッセージを送るいとの可愛らしい反応に、壇上のキャストも温かく見守っていた。

 トーク後半には、劇場版脚本を担当した青葉譲氏が、本イベントのために書き下ろした『Over The Rainbow 胸キュンジャンプは楽屋から』を披露。3人の軽やかな掛け合いとともに、いつも以上に観客をキュンキュンさせることを目的に、ライブでのプリズムジャンプを『朝チュン、グッモーニンシリーズ!』にして、ドキドキの展開に。朗読劇を終えた後、鷲崎からは「昼より2分長かったですよ」と、何か要素が入れ込まれている様子も見せていた。

 イベント終盤には、オバレのこれまでの出会いから別れを振り返る映像の最後に、『KING OF PRISM新作 制作決定! KING OF PRISM -PRIDE the HERO- 2017年6月新宿バルト9ほか全国ロードショー』の文字が!この新作発表で、涙を流す観客もいるさなか、3人がステージに立ち『athletic core』を初生歌唱!コール&レスポンスの声が何度も沸き起こり、熱狂といった感じの様相を呈していた。

 そしてラストに、それぞれキャストからごあいさつ。柿原は「みなさまのおかげでこんなに嬉しい嬉しい発表を、本日行うことができました。僕達役者陣、制作スタッフみんな、次回作を心より待ちわびておりました。この作品ができるのもみなさんのおかげです。こんなに嬉しいことはありません。応援あっての次回作ということで、1つ気合を入れなおして、さらにさらにパワーアップした作品をお届けできることを誓いたいと思います」と、ファンへ向けて約束。

 前野は、「『pride』という楽曲は『プリティーリズム・レインボーライブ』でコウジより預かった大切な曲で、僕が誰より大切にしていないといけない曲かなと思っています。『プリティーリズム・レインボーライブ』の魂を受け継いだ『KING OF PRISM』という作品も続編が決まっていますので、盛り上がっていくと思います。よろしくお願いします!」と、呼びかけ、増田は「最高のパッション、バーニン、フリーダムで最高の作品を作りたいと思います!」と、気合を入れていた。

 「2017年6月にまたスクリーンでお会いしましょう!」と、柿原からスピーチし、3人で「以上、Over The Rainbowでした!」と声を上げ、熱狂の一夜の終演を迎えていた。

 新作『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』2017年6月新宿バルト9ほか全国ロードショー予定!キャラクターソングアルバム『KING OF PRISM Music Ready Sparking!』は発売中!

 ※記事内画像は(c) T-ARTS / syn Sophia / キングオブプリズム製作委員会

 ※記事内写真は昼の部のもの

「KING OF PRISM」新作制作発表に柿原徹也夜の部で「さらにさらにパワーアップした作品を」

情報提供元:News Lounge
記事名:「「KING OF PRISM」新作制作発表に柿原徹也夜の部で「さらにさらにパワーアップした作品を」