「ハイキュー!!」村瀬歩、石川界人ら朗読劇感動シーン連発にすすり泣く声も!ゲームクリアのご褒美とは?

「ハイキュー!!」イベントが開催!(画像は3期メインビジュアル)

 「Blu-ray&DVD購入者限定イベント『ハイキュー!!』烏野高校排球部 秋の全国一斉強化合宿inシアター」が11日、東京・TOHOシネマズ新宿で開かれ烏野高校から日向翔陽役・村瀬歩、影山飛雄役・石川界人、月島蛍役・内山昂輝、山口忠役・斉藤壮馬、 谷地仁花役・諸星すみれ、梟谷学園高校から木兎光太郎役・木村良平、赤葦京治役・逢坂良太、音駒高校から灰羽リエーフ役・石井マーク、シークレットゲストとして白鳥沢学園高校の主将で牛島若利役・竹内良太が登壇した。

 『ハイキュー!!』は『週刊少年ジャンプ』(集英社)で好評連載中の高校バレーボールを描いた次世代王道スポーツ漫画。2014年4月から第1期、15年10月から第2期がTVアニメとして放送され人気を博し、今年10月からは3期の放送も決まっている。

 イベントは朗読劇からスタート。烏野高校がインターハイ予選で青葉城西高校(略称:青城高校)に敗れ、そこから再び立ち上がり、代表決定戦の準決勝で青城高校に雪辱を果たすまでを、映像と時折キャラクターの心情を交えて行われた。約30分ほどの朗読劇となったが、感動の名シーンの連続に、客席からは感極まってすすり泣くような声も聞かれるほどの熱演となっていた。

 続けて、トークパートへ。イベントは全国の劇場でライブビューイングもされ約1万人が見守るなかでのものとなり、キャストたちはセカンドシーズンの振り返りや、すでに始まっているという3期へのアフレコの様子などを語った。

 そのまま3期での白鳥沢学園高校への戦いへチーム力を養うという目的で、キャストたちは3つの課題に挑戦。勝つために必要なものをあらゆる角度から検証するという目的で1つ目の課題『ハイキュー!!ミーティング』と題したものでは、もしも、『ハイキュー!!』内でドラフトがあったら指名する上位3キャラクターをそれぞれ発表。強いキャラを集めてみたり、女性キャラを集めたり、自分の好みで決めたり、声優を集めてみたりと、少々ぶっ飛んだ回答に場内も笑いに包まれる様子も。

 2つ目の課題『ハイキュー!!地域攻略テスト』コーナーでは、難しい問題を8人で力を合わせて正解を導くというものとなったが、石井から珍回答があったり、石川がヒントを出すためジェスチャーをしたりと盛り上がりクリア。

 そして3つ目の課題『ハイキュー!!リサーチ』では、最新PVがお披露目された直後に竹内が渋い声を出しながら客席を縫って現れることに。これに、場内も沸き立ちつつ、白鳥沢高校のリサーチも完了したということで、こちらもクリア。課題をすべてクリアできたということで、キャストらには“いただきのけしき”が入った箱がプレゼント。箱の中身は、ちょっと使い込まれた消しゴムにリボンにつけられているというものだったが、これは『(原作者の)古舘先生からの“頂き”ものの“消し器”』ということで“いただきのけしき”というオチをつけていた。

 最後はキャストと観客全員で叫んで、3期の白鳥沢高校戦へ向けて気合を入れていた。

 アニメ『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校』は10月7日よりMBS、TBS、CBC、RKB、HBC、TBC、BS-TBSにて放送開始!

 ※後日詳報を掲載予定

 ※記事内画像は(C)古舘春一/集英社・「ハイキュー!! 3rd」製作委員会・MBS

情報提供元:News Lounge
記事名:「「ハイキュー!!」村瀬歩、石川界人ら朗読劇感動シーン連発にすすり泣く声も!ゲームクリアのご褒美とは?