タレントのAKINA(31)が29日、自身のブログで、アサヒグループ食品が自主回収すると発表したベビーフードを愛用していることを明かし、ショックを受けていることを明かした。

 アサヒグループ食品は、ベビーフードから樹脂の破片が見つかったとして、賞味期限が2017年12月14日の「栄養マルシェ鶏とおさかなのベビーランチ」と、賞味期限が2017年12月10日の「栄養マルシェ和野菜のベビーランチ」の合わせて約6万個の自主回収を発表。

 AKINAはブログで、「このニュース、ショック。。お出かけの際、愛用してただけに今後悩んでしまう。月齢的に12ヶ月のを愛用してるんですがスプーンもついてるし、我が子もパクパク食べるしとっても便利なんです……」と、落ち込んでいる様子をつづった。

 AKINAは2013年4月にお笑いタレントのビビる大木(41)と結婚。昨年8月に第1子となる長女を出産している。

情報提供元:News Lounge
記事名:「ビビる大木妻・AKINA 愛用のベビーフード自主回収にショック