「これが最後の戦いです」ガールズ&パンツァー 最終章の制作発表!新生徒会が発足に【後編】

ガールズ&パンツァー 最終章の制作発表!

 【中編(ガルパン劇場版初アフレコ日はいつだった?ボコ“愛”即興で試される一幕も)から】

 終盤にはオリジナル朗読劇『選挙活動します!』を開催。劇場版のその後のエピソードで、生徒会の3年生3人が2学期に入り生徒会を引退するということで、後を誰にするのか選挙をするという形で展開。まずは立候補者をどうするかから話が進んでいく。立候補するにあたっては、レオポンさんチームとアリクイさんチームがタッグを組んで連立したり、カモさんチームの風紀委員は園みどり子が3年生ということで数に入らないため人数が足りないことから冷泉麻子をスカウトするという珍しい光景が。

 最終的には生徒会の役員たちからの指名で決定するという結果に。そこでコミュニケーション能力を買われ広報に武部沙織、情報収集力を活かせ、陰で支えるのが得意ということで副会長が秋山優花里、会長には堂々とした感じと芯の強さから五十鈴華が指名された。

 そんな朗読劇があり、大洗女子学園の結束力に役人も降参といったやりとりがあった後、角谷杏が再びスクリーンに現れ、『ガールズ&パンツァー 最終章』制作決定の大発表。PVが上映されたが、「これが最後の戦いです」という一文が入り、上映後には観客も大歓声!

 この大発表はキャスト26人の誰も知らなかったそうで、PVを観て全員驚きといった感じで、「すごい!」「うれしい!」の声が壇上にも響き、中上に至っては感激のあまり泣き出してしまう。渕上はPVを見た感想へ、「なんであんなにできあがってるんだろう」と、鋭い考察を披露したり、ほかの登壇者も「衣装がちょっと違う」「雪が降ってる」「バレー部に服がもらえてる」など、口々に盛り上がりつつ、渕上は「私達の戦いはまだまだ終わっていません!よろしくお願いします!!」と、観客へ呼びかけていた。

 そしていよいよラストへ。渕上から「『第3次ハートフル・タンク・カーニバル』をできるように頑張りたいと思います!」と、気を引き締めなおすと、ラストは大洗女子学園全員とChouCho、佐咲を交えて『Enter Enter MISSION』の大合唱。最後の最後はガルパンイベントでおなじみの「パンツァー・フォー!」を会場一体となって叫んで終了となった。

 なおこのイベントの模様は2017年2月24日にBlu-rayとDVDで発売されるとしている。

 ■この日のイベントの流れ

 ○前説(蝶野正洋)

 ○オープニング影コメ   

 ○カウントダウンVTR 

 ○オープニングライブ

・『GOING PANZER WAY!』(あんこうチーム)

 ○キャスト登場

 ○戦車道すごろくコーナー1

 ○ライブコーナー1

 ・『あんこう音頭』『High Flying Future』(佐咲紗花)

 ・『希望の絆』(ChouCho&佐咲紗花)

 ○戦車道すごろくコーナー2

 ○ライブコーナー2

 ・『GloryStory』、『piece of youth』、『眠れる本能』、『DreamRiser』(ChouCho)

 ○オリジナル朗読劇『選挙活動します!』

 ○エンディング

 ○エンディングライブ

 ・『Enter Enter MISSION!!』(大洗女子学園全員&ChouCho&佐咲紗花)

 ※記事内画像は(C)GIRLS und PANZER Film Projekt

情報提供元:News Lounge
記事名:「「これが最後の戦いです」ガールズ&パンツァー 最終章の制作発表!新生徒会が発足に【後編】