フジ・軽部真一アナ 笠井信輔アナへ「去年は遺影だった」とブラックジョーク

フジ・軽部真一アナが笠井信輔アナへ「去年は遺影だった」とブラックジョーク

 今年も9月16日から19日の4日間で開催される“したコメ”の略称で親しまれているコメディ映画の祭典『したまちコメディ映画祭in台東』。今年の目玉企画の1つとして、特殊メイクアップアーティスト・西村喜廣氏による子どもたちを対象としたメイクワークショップや、フジテレビの笠井信輔アナウンサー(53)と軽部真一アナウンサー(53)のコンビによる『男おばさん!!』を公開収録することが、分かった。

 西村氏といえば、7月29日公開の『シン・ゴジラ』では特殊造型プロデューサーを務めているほか、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』などにも参加していることで知られる。特殊メイクワークショップは、今年は2日間開催され、1日目は妖怪編、2日目はゾンビ編で開催。特殊メイクを施した参加者達が映画祭レッドカーペット上や浅草公会堂にも登場するという。こちらは、事前予約制とのことで、したコメにて詳細が掲載されるとのこと。

 今回のワークショップへ西村氏は、「台東区に生まれ育って、今も台東区在住の特殊メイクや映画監督をやってるおじさんだよ!今年もしたコメで、ちびっ子達とみんなで特殊メイクを体験してみよう!」と、呼びかけている。

 もう1つの軽部アナと笠井アナによる『男おばさん!!』は、CS放送で16年続く人気番組。大好きな映画の話題を中心に“おばさん”のようにしゃべりまくったり、男おばさんがデジタルカメラ1つで現場を直撃する“デジタル探訪”など、さまざまな視点で映画の魅力を伝えている。昨年は笠井アナが声帯ポリープ手術のためまさかの参加を断念し、ピンチヒッターとして三上真奈アナが代打を打った。今年は笠井アナがしたコメの地に戻ってくる!

フジ・軽部真一アナ 笠井信輔アナへ「去年は遺影だった」とブラックジョーク

西村喜廣氏

 軽部アナは、「去年は遺影だった笠井が今年は蘇ります。笠井ゾンビ信輔と私のゴールデンコンビにご期待ください」と、ブラックジョークなコメントを寄せると、当の笠井アナは、「去年、病欠してしまったしたコメ。軽部さんに全部持っていかれたので今年は絶対出席して爆笑の嵐を獲得しまーす!」と、奮起する様子も見せている。

情報提供元:News Lounge
記事名:「フジ・軽部真一アナ 笠井信輔アナへ「去年は遺影だった」とブラックジョーク