セレイナ・アン二十歳の願いは「料理ができる自立した女性」

セレイナ・アンがイベントで爽やかな歌唱

 現役女子大生のシンガー・ソングライターのセレイナ・アン(20)が7日、東京・中央区の銀座アルジェント ASOで『変化へ、一歩。』キャンペーンキックオフイベントに登場した。

 本イベントは化粧品ブランドのクリニークが同日から展開するキャンペーンで、女性6人のSTORYを通じて、あすへの一歩を応援し、なりたい自分への一歩を歩んでもらうということを目的としている。

 セレイナは昨年4月から『ZIP!』(日本テレビ系)内の『あおぞらキャラバン』へレギュラー出演していることで知られる。今回の『変化へ、一歩』キャンペーンの日本サポーターを務めており、このキャンペーンのためにサポートソング『CHANGE』を作詞・作曲。こちらは今月13日にリリース予定のメジャーデビューミニアルバム『SUNDAYS』に収録される予定という。

 夏を感じさせる涼しげな装いで登場したセレイナは、さっそく『CHANGE』の歌唱へ。爽やかな歌声を場内に響かせつつ、トークへ。曲が生まれたきっかけについては中・高時代にあった思い出がきっかけだったそうで、「ギターを始めて目立つことが怖いというか、自分で変わるのが怖いと思った部分があったんです。外に発信するチャンスがあっても掴めなくて。それで大学生になったときにYou Tubeで私がカバー曲を歌った動画をポンとアップロードできて、一歩を踏み出せたんです。こうして、みなさんに歌を届けられるまでになったなと思うと、心の底から1歩に意味があったと思って。その気持ちが込められているんです」と、しみじみ。

 クリニークにも実は縁があるというセレイナは、「私のお肌の救世主みたいな存在なんです!去年、おでこのあたりにニキビがたくさんできてしまう肌トラブルにすごく悩んでいて、人と話すときも意識してしまって。そこで母がクリニークの洗顔ブラシをオススメしてくれて、本当に綺麗になったんです!」というエピソードがあり、自分により自信が持てるようになったのだとか。

 同日は七夕ということで、願いはないかと尋ねると、「大人の女性になりたいという思いが強くて、お願い事としては、『料理が出来る自立した女性になりたい』としました」と、自立に向けて料理をしていくことを話していた。

 今後へは、「毎日が新しい一歩だと思っているんです。日々、変化することを怖がらず、音楽に関しても、私生活に関しても、新たな一歩を踏み出していけたらと思っています」と、前向きに語っていた。

セレイナ・アン二十歳の願いは「料理ができる自立した女性」

セレイナ・アン二十歳の願いは「料理ができる自立した女性」

セレイナ・アン二十歳の願いは「料理ができる自立した女性」

 

セレイナ・アン二十歳の願いは「料理ができる自立した女性」

 

セレイナ・アン二十歳の願いは「料理ができる自立した女性」

 

情報提供元:News Lounge
記事名:「セレイナ・アン二十歳の願いは「料理ができる自立した女性」