アーティスト支援サービス「Frekul」がリニューアル!AIキャラクターとの会話形式で音楽活動を最適化 株式会社ワールドスケープが運営する、音楽活動支援WEBサービス「Frekul(フリクル)」が6月28日にリニューアルした。コンセプトは”バーチャル・プロダクション”。

Frekulはこれまでに、月額サポーターを募る機能、ライブチケット予約を受け付ける機能、カラオケに配信できる機能などをアーティストに提供してきたが、今回のリニューアルによって大きく2つの機能が追加となった。

1つ目は、Frekulに曲をアップロードするだけで、iTunesStore、AmazonMP3、AppleMusic、AWA、LINE MUSICなど世界中の音楽サービスに配信できる機能。

もう1つは、同社の音楽アプリ「Lumit」で自分の曲が何回再生されたか?その中で「いいねボタン・イマイチボタン」を押したのは何人か?がリアルタイムに分かる機能だ。Lumitはアーティスト名や曲名で検索して聴くことのできない「パーソナルラジオ型」のアプリなので、「自分の曲を初めて聴いたリスナーの率直なリアクション」が可視化されることになる。

また、多くなった機能をアーティストにうまく活用してもらうためにチャットUIが採用されている。架空のマネージャー”コウイチ”と、事務員”マユ”との会話型式で、アーティストは最適な機能と情報の提供を受けることができる。

▼Frekul

http://frekul.com/

アーティスト支援サービス「Frekul」がリニューアル!AIキャラクターとの会話形式で音楽活動を最適化

情報提供元:News Lounge
記事名:「アーティスト支援サービス「Frekul」がリニューアル!AIキャラクターとの会話形式で音楽活動を最適化