覚せい剤取締法違反の罪に問われた元プロ野球選手の清原和博被告(48)に、東京地裁は31日、懲役2年6ヶ月、執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。

 同日、TBSが報じており、判決を受けて、野球解説者の佐々木主浩氏(48)、清原被告とPL学園時代からの盟友・桑田真澄氏(48)がコメントを発表。佐々木氏は「判決を真摯に受け止め、失敗を繰り返さないように努力してくれると思う」、桑田氏は「野球人として、さまざまな困難に立ち向かってきた彼だからこそ、今回のことも克服してほしいと思っています。しっかりとリハビリに専念したうえで、また野球界に元気な姿を見せてほしいです」と、それぞれコメントした。

 清原被告は今後、薬物治療専門の施設に入り、3ヶ月間のプログラムに取り組むという。

情報提供元:News Lounge
記事名:「清原和博被告有罪判決受け 佐々木氏、桑田氏がコメント