覚せい剤を使った罪などに問われている元プロ野球選手の清原和博被告(48)に、きょう31日午後、東京地裁で判決が言い渡される。

 同日、NHKが報じており、清原被告は今年2月、東京・港区のホテルで覚せい剤を使ったなどとして、覚醒剤取締法違反の罪に問われている。今月17日に東京地裁で開かれた裁判で、清原被告は起訴された内容を認め、「プロ野球を目指す少年を裏切ってしまい申し訳ない」などと謝罪。清原被告の友人で、野球解説者の佐々木主浩(48)は、弁護側の証人となり、立ち直りに協力すると証言した。

 検察側は懲役2年6ヶ月を求刑したが、弁護士は執行猶予の付いた判決を求めており、きょう31日午後1時半に言い渡される予定である。

情報提供元:News Lounge
記事名:「覚せい剤使用の清原和博被告 きょう判決