覚せい剤取締法違反の罪で起訴された元プロ野球選手・清原和博被告(48)の初公判がきょう17日午後、東京地裁で開かれると、同日、TBSが報じた。

 清原被告は今年2月、東京・港区の自宅で覚せい剤0.2グラムを所持した罪や、ホテルの部屋で覚せい剤を使用した罪などに問われている。

 初公判は午後1時半から始まり、清原被告本人の被告人質問のほか、弁護側の情状承認として、野球解説者の佐々木主浩氏(48)も出廷予定。検察側の論告求刑も行われ、裁判はきょう1日で結審する見通しである。

情報提供元:News Lounge
記事名:「清原和博氏 きょう初公判“ハマの大魔神”佐々木主浩氏も出廷