羽多野渉“アナザーエンディング”に感極まる!斉藤壮馬は涙こらえファンへ再会誓う

スペシャルイベント『あなたも私もホントはアクマ!?』が大盛況!

 アニメ『Dance with Devils』スペシャルイベント『あなたも私もホントはアクマ!?』が1日、埼玉・大宮ソニックシティで昼と夜の2部で開かれ鉤貫レム役・斉藤壮馬、立華リンド役・羽多野渉、楚神ウリエ役・近藤隆、南那城メィジ役・木村昴、棗坂シキ役・平川大輔、立華リツカ役・茜屋日海夏、葛葉アズナ役・松田利冴が登壇し歌に朗読劇に観客を魅了した。

 “ダンデビ”の愛称で親しまれている本作は、女性向けコンテンツメーカー『Rejet』と音楽制作ブランド『Elements Garden』が初タッグを組み、昨年10月から1クールでアニメ放送した。“ミュージカルアニメ”と銘打ち、キャラクターたちは作中で歌で想いを伝えるという、これまでにない斬新な演出方法が取り入れられ熱狂的人気を獲得。アニメ放送終了後もゲームやコミカライズの発売、2.5次元ミュージカルとして舞台上演されたりと、多くの展開があるコンテンツだ。

 夜の部は冒頭の自己紹介から、7人ともテンションが高く、木村が「すばちゃんです!」とお茶目にあいさつすれば茜屋も、「ひみちゃんです!」と乗っかる。平川まで、「大ちゃんです!」と言い出したのだか、言った後に、「こんなこと言うの初めて」と、はにかんでいた。

 トークコーナーは『四皇學園第三放送室 in 大宮ソニックシティ』と題して、観客らから事前に寄せられたアンケートを読み上げるものだったが、どのコメントも一癖も二癖もあるものに。たとえば、ダンデビに興味のなかった方が、初めて遠征して来るまでにハマったり、高校時代から付き合っている彼氏にデート中、口パクで「好きだよ」と伝え続けた結果、結婚したというエピソードがあり、これにはキャスト7人も総立ちで盛り上がり大喝采となった。

羽多野渉“アナザーエンディング”に感極まる!斉藤壮馬は涙こらえファンへ再会誓う

 

 それだけにとどまらず、友人の食事する仕草が色っぽいというものへは、木村が「髪の長い女の子が髪を口に引っかけちゃって、かきあげるやつ」と、実演すると、平川がトーク終了間際に髪をかきあげる仕草をして、黄色い歓声が起こる場面も。

 朗読劇は前編と後編に分割されてのものに。アニメ本編がミュージカル演出を取り入れているということで、朗読の合間にライブが行われる、“朗読ミュージカル”形式となった。しかも、3月に上演したミュージカルで使用された「マドモ★アゼル Orchestra ver.」をアニメキャストが披露するなど、ファンにとって新鮮な趣向となった。

 その朗読劇の終盤、レムがリツカへあらためて想いを告げるクライマックスシーンで、レムが「ヒトとして生きる!」と、アニメにも、ミュージカルにもなかった、誰も見たことのないアナザーエンディング展開へ。これには、観客も大興奮。羽多野に至っては感極まってしまい、その後のライブコーナーでの『運命のCoda short size』の歌唱後、「涙ぐんで歌うと思ってなかった」と、感想を語るなど、ステージイベントならではの光景が繰り広げられる。

羽多野渉“アナザーエンディング”に感極まる!斉藤壮馬は涙こらえファンへ再会誓う

 

 実は演じていた斉藤も羽多野と同じ気持ちだったそうで、「ドラマの最後からうまく息ができなくて。でもいざ、『Dance with Destinies』を歌ってみて、あっ、俺ダンデビ好きだなって……」と、涙しそうになり言葉につまってしまう。しかし、涙をこらえきった斉藤は、「(イベントで泣くのは)次に取っておきます」と、ファンへ再会を誓っていた。

 終盤の『覚醒のAir starring PENTACLE★』では、男性キャスト5人での歌唱となったが、壇上でハイタッチをしたり、5人そろってのキスなど、観客をキュンキュンさせる演出も満載!

 その勢いはラストまで途切れることはなく、全員での『マドモ★アゼル』では、木村&近藤&平川の3人と斉藤&羽多野の2人がそれぞれ肩を組んで歌唱したり、平川と羽多野のハグ、茜屋のダンス演出などで観客を楽しませるものとなっていた。

 なおイベントでは、メインキャラクターが二人一組でユニットを組んだ『ユニットシングルシリーズ』が今年8月より発売決定したことや、ミュージカルの次回公演『Dance with Devils ~D.C.(ダ・カーポ)~』が12月にAiiA 2.5 Theater Tokyoで上演されることがアナウンスされるなど、まだまだこれからも展開がありそうな様子を見せていた。

羽多野渉“アナザーエンディング”に感極まる!斉藤壮馬は涙こらえファンへ再会誓う

 

 ■夜の部セットリスト

 1:OPトーク

 2:朗読(1)

 3:トークコーナー『四皇學園第三放送室 in 大宮ソニックシティ』

 4:朗読(2)

 5:LIVE 1 『風の予感 スペシャルver.』/立華リツカ(茜屋)&葛葉アズナ(松田)

 6:朗読(3)

 7:LIVE 2 『マドモ★アゼル Orchestra ver.』/鉤貫レム(斉藤)&立華リンド(羽多野)&楚神ウリエ(近藤)&南那城メィジ(木村)棗坂シキ(平川)

 8:朗読(4)

 9:LIVE 3 『我ら四皇學園生徒会』/四皇學園生徒会(斉藤、近藤、木村、平川)

 10:朗読(5)

 11:LIVE 4 『Dance with Destinies mini ver.』/立華リツカ(茜屋)&鉤貫レム(斉藤)

 12:朗読(6)

 13:LIVE 5 『Dance with Destinies スペシャルver.』

 14:LIVE 6 『運命のCoda short size』/羽多野渉

 15:LIVE 7 『BL(U)CK BASIS shortsize』/PENTACLE★(斉藤、羽多野、近藤、木村、平川)

 16:LIVE 8 『覚醒のAir starrig PENTACLE★』/PENTACLE★(斉藤、羽多野、近藤、木村、平川)

 17:EDトーク

 18:LIVE 9 『マドモ★アゼル』/オールキャスト(斉藤、羽多野、近藤、木村、平川、茜屋、松田)

羽多野渉“アナザーエンディング”に感極まる!斉藤壮馬は涙こらえファンへ再会誓う

羽多野渉“アナザーエンディング”に感極まる!斉藤壮馬は涙こらえファンへ再会誓う

羽多野渉“アナザーエンディング”に感極まる!斉藤壮馬は涙こらえファンへ再会誓う

情報提供元:News Lounge
記事名:「羽多野渉“アナザーエンディング”に感極まる!斉藤壮馬は涙こらえファンへ再会誓う