中村獅童 ニコニコ超会議2016で心情吐露!「ミクさんと共演させて頂くなんて恐れ多い」

中村獅童がニコニコ超会議2016で「超歌舞伎」!

 初音ミクと歌舞伎俳優・中村獅童(43)が29日、千葉・幕張メッセで開催中の『ニコニコ超会議 2016』内で開かれた『超歌舞伎』で共演を果たした。

400年以上の歴史を誇る日本の伝統芸能である歌舞伎がついにニコニコ超会議にやってきた!人気のボーカロイド曲である『千本桜』と『義経千本桜」が融合した創作による新作歌舞伎『今昔饗宴千本桜』(はなくらべせんぼんざくら)が上演となる。獅童演じる佐藤忠信と、初音ミク演じる「美玖姫」が出会い、青龍との因縁に決着をつけるという物語となる。

開演されると、まずは獅童が登場し、口上を述べ、自身の屋号である「萬屋(よろずや)」と初音の屋号「初音屋(はつねや)」と説明し、状況に応じて声をあげてもらえるよう呼びかける、初めて歌舞伎を触れる人へも楽しめるように解説して始まりを告げた。

 スクリーンでの迫力の映像とサウンド、初音ミクと獅童の息の合った舞に大立ち回りなど、一つ一つの動きが決まるごとに屋号を叫ぶ声が場内にこだますることに。獅童による圧巻の殺陣では、やんややんやの大喝采!桜の紙吹雪が場内に舞う中、『千本桜』がかかるとサイリウムを振る観客も多数現れた。さらに舞台は、ニコニコ生放送で視聴していたユーザーからのコメントが、初音ミクと獅童に桜の花びらのように降り注ぐという、ユーザーも参加できる演出も見せていた。

 この日は3回公演となったが、その2回と3回の合間を縫って口上のときの衣装でマスコミの取材に応じた獅童。

 公演してみての感想を尋ねると、「若い人たちが大勢来てくれて、大変楽しくやらせて頂きました。徹夜の人もいたそうです」と、普段と違う客層に手応えを感じている様子。

中村獅童 ニコニコ超会議2016で心情吐露!「ミクさんと共演させて頂くなんて恐れ多い」

 

 アナログとデジタルが融合した舞台へ、「本来歌舞伎の舞台というのはアナログなものですけど、デジタルなものへも挑戦していかなくてはという思いです。とにかく若い人たちに歌舞伎への興味を持って頂きたいという一心です。こちらも真剣に立ち向かっていかないと。若者たちにはたくさん楽しいものがありますから、振り向いて頂くためにはこちらも真剣にやらせて頂かないといけないなと思います」と、思いを口にした。

 稽古については、「短期間でデジタルとの融合でなれないことでしたから、寝ずに徹夜でやらせて頂きました」と、苦労があったようで、「我々は生身の人間なので、デジタルな部分でのお芝居や、歌舞伎の踊りというの合わせるのが当初からの課題でしたし、面白いものを作るという一心でした」。

 ちなみに初音ミクについては知っていたかと問うと、「もちろん知ってました。大変な人気者ですからね。ミクさんと共演させて頂くなんて恐れ多いですよ」と、語っていた。

 「海外の方たちへも歌舞伎というものを知ってもらいたいです」と、意欲も燃やしていたが、「これから3回目なんで、われわれ生身の人間なんで倒れないように(苦笑)。最後まで精いっぱいつとめたいと思います」と、メッセージを残し、次の舞台へと向かっていった。

中村獅童 ニコニコ超会議2016で心情吐露!「ミクさんと共演させて頂くなんて恐れ多い」

中村獅童 ニコニコ超会議2016で心情吐露!「ミクさんと共演させて頂くなんて恐れ多い」

情報提供元:News Lounge
記事名:「中村獅童 ニコニコ超会議2016で心情吐露!「ミクさんと共演させて頂くなんて恐れ多い」