櫻井翔 嵐5人のCMにご満悦!「普段の僕らの雰囲気が出ている」

櫻井翔が会見に登場!

 人気アイドルグループ『嵐』の櫻井翔(32)が20日、都内で『47都道府県の一番搾り キャンペーンCM』発表会に登場した。

 “地元の誇りを、おいしさに変えて”をスローガンにキリンビール株式会社が開発した『47都道府県の一番搾り』が今年5月から10月にかけて、地域限定で順次発売。これに合わせて、25日から全国で展開される『47都道府県の一番搾り プレゼントキャンペーン』が開催されるが、このテレビCMが21日より『嵐』5人が出演して放送される。このため、櫻井が代表して、会見に登場となった。

 白のシャツに黒ジャケットを羽織り黒パンツ姿で登場した櫻井。全国バージョンの巨大パネルが公開されると、「圧巻ですね!驚きました!」と、テンションも高くなる。

 47都道府県の一番搾りについては、「全部飲み比べてみたいですけどね」と、興味津々、な櫻井。「風土だったり、気質だったり、その土地の人達の気持ちが詰まったものになっていると思います。お話を聞いて、飲む時も気持ちが変わってきますよね」と、日本についてさらに深く知る機会になったよう。

 CMについて、「47都道府県のわれわれ嵐とどうなるか楽しみですよね」と、期待を寄せつつ、5人で出演していることへ、「なんかこの人達楽しそうですよね(笑)。普段の僕らの雰囲気が出ていると思います。とても楽しく撮影させて頂きました。土地土地の再発見といいますかをしながらの撮影になりました」と、観てみた感想と、勉強になったと語っていた。

 さらに、CMについて、47タイプのローカルCMも撮り進めていることが櫻井の口からアナウンスも。司会から47都道府県で異なるCMやポスターを5月以降展開していくといい、1メンバーにつき9エリアから、10エリアを受けつ持つという。

 この日は、櫻井が担当したという岐阜と鳥取のものがお披露目され、そのキャッチコピークイズが開催。岐阜の「団らん、爛々」と、鳥取の「じげのもん」をしっかり正解して、飲み比べをした櫻井は、「知らないことも多いので、教えてもらってますね。風土だったりを感じながら撮影させて頂いております。嵐のメンバーそれぞれ日本列島クイズいけると思います!」と、自信を見せていた。

 飲み方については、「1人での飲み比べも楽しいかもしれないですけど、仲間と飲み比べが楽しいかもしれませんね。奥深いですし」と、アピールし最後は「やっぱり地元が一番!」と、声を張って会見は終了となっていた。

 ■47都道府県の一番搾り発売日

 ◯5月10日(9工場所在県)

 北海道、宮城、茨城、神奈川、愛知、滋賀、兵庫、岡山、福岡

 ◯6月7日(17都道府県)

 青森、岩手、秋田、千葉、東京、新潟、長野、岐阜、静岡、京都、大阪、鳥取、島根、広島、山口、熊本、鹿児島

 ◯8月2日(12県)

 山形、福島、埼玉、山梨、三重、徳島、香川、愛媛、高知、長崎、大分、宮崎

 ◯10月12日(9県)

 栃木、群馬、富山、石川、福井、奈良、和歌山、佐賀、沖縄

情報提供元:News Lounge
記事名:「櫻井翔 嵐5人のCMにご満悦!「普段の僕らの雰囲気が出ている」