μ’s東京D公演最終日のラストシーンは2013年のライブを彷彿!観客と涙の大合唱に【ライブレポート後編】

μ’s東京D公演最終日のラストシーンは2013年のライブを彷彿!

 ※前編(ラブライブ!μ’s東京ドーム最終日公演で“シンクロ”決まるごとに大歓声!始まりはあの曲から)から

 アンコール後は『START:DASH!!』から。こちらで流れた映像は『ラブライブ!』TVアニメ1期最終話で、音ノ木坂学院の講堂が満員になった感動シーンのものに。次の『Snow halation』では、アニメーションPVバージョンとTVアニメ2期の映像を合わせたもので、観客は最初に白いサイリウムで合わせていたが、途中から穂乃果の手の動きに合わせ、一斉に会場がオレンジ色一色に染め上がる様子も。アンコール4曲目の『どんなときもずっと』では、ラストの部分をμ’sメンバーそれぞれが、1枚の羽根を持って掲げるといった、雰囲気満点のものとなった。

 そしてついに迎えたラストMCで、観客へ向け1人ずつメッセージを送ることに。久保は、「6年間このメンバーと応援してくださったみなさんと一緒にここまで来れて、本当に幸せでした!」と、ファンへ感謝すると、徳井は、「きょうまで本当にありがとうございました!いつかまた、μ’sの歌を聴きに来てくれますか?」と、ごあいさつ。飯田は、「凛ちゃん観てましたか?私、やり切ったよ!メンバーのみんな本当に本当にありがとう!スタッフさん本当にありがとうございます。私は『ラブライブ!』という作品が大好きです。それによってみんなと出会えたことを誇りに思います。どんなときもずっと、これからもずっとずっとみなさんと一緒に輝いていきたいと思います!」と、感謝の言葉とともに呼びかける。

 楠田は「みなさん、『ラブライブ!』は好きですか?μ’sのことを愛していますか?希のこと好きですか?これからもずっと好きでいてくれますか?私もみんなのことが大好きです!」と、ファンへの愛を語り、Pileは、「みなさんの笑顔を深く抱きしめるつもりで来ました。素敵なステージに連れてきてくださった、支えてくれたファンの方々、そしてメンバー、真姫ちゃんにありがとうを言いたいです」と、深謝しつつ、「私がμ’sと言ったら“愛してるばんざーい!”と言ってください!」とリクエストし、場内に「愛してるばんざーい!」というレスポンスがこだました。

 南條は「最初の出会いは、1枚の紙の上に描かれたイラストだったかもしれません。でも、6年間の間、みなさんが一生懸命応援して、大好きでいてくれた結果、私たちが出会った9人の女の子は、同じ時間を生きる女の子として命をもらったと思っています。きょうの日が過ぎても、9人はどこかで楽しく過ごしている気がしています。私たちも6年間で彼女たちからもらった勇気とかいろんなパワーでこれからも楽しく過ごしていきましょう!」と、μ’sへの熱い思いを語り、三森は、「この先、一生忘れられない楽しい思い出がきょうできました。μ’sのみんなと出会えた、ずっと一緒に駆け抜けてくれたファンのみんなと出会えて、そして何より、園田海未ちゃんと出会えて幸せです」と、お礼。

 内田は、「きょうは南ことり役としてではなく、南ことりになりたいと思ってたくさん準備をしてきました。『ラブライブ!』という作品に出会えて、成長できて、本当に夢のような6年間を過ごさせて頂きました。『ラブライブ!』じゃないとできないことが、今日ここでできたなと思っています。これからも私達9人、メンバーの9人を宝物にしてもらえれば」と、思いの丈を話す。

 そして新田から、「昨日と今日、東京ドームでライブをして、本当にすごいことをしていると思いましたけど、不思議と怖くありませんでした。それは、この9人だから、穂乃果たち9人がいるから。そして何より『ラブライブ!』を愛してくれるみんながいるから!μ’sは限られた時間の中で、輝く女の子たちです。私達はしばらくはこういう形では、会えなくなるかもしれませんけど、私たちはずっとμ’sです!きょうまで本当にありがとう!これからもよろしくお願いします!!」と、涙を瞳に浮かべながらスピーチし、観客は大歓声と拍手を送るなか、「約束はまだできないけれど、私たちは絶対またみんなに会いたいと思っています。それは、18人同じ気持ちです。また会うその日まで、みんなファイトだよっ!!」と、思いを会場中に響かせた。

 再びアンコールの声が場内に響き渡ると、スクリーンにこれまでのμ’sのライブ映像が流れるなか、巨大な花のつぼみが会場中央に登場。そして、スクリーンの穂乃果たちのライブ直前の掛け声「μ’sミュージックスタート!」の声に合わせてつぼみが花として開くという、劇場版のエンディングソング『僕たちはひとつの光』と同じ演出となった。

 すべてのパフォーマンスを終え「ありがとう!」「大好きだよ!」とμ’sメンバーたちが何度もお礼しながら、ステージが袖に戻っていくなか、場内には『僕たちはひとつの光』のインストゥルメンタルが流れる。これに観客の誰ともなく、歌い始め、その声が1つ、また1つと重なり、ついには観客全員での大合唱に!

 まさに、2013年6月の神奈川・パシフィコ横浜国立大ホールで開かれた『ラブライブ!μ’s 3rd Anniversary LoveLive!』での伝説となったラストシーン(新田恵海 感動ライブでスピーチ!「『μ’s』『ラブライブ!』に出会えたのは一生の宝物」)、観客とμ’sメンバーによる去り際の『僕らは今のなかで』のインストゥルメンタルの合唱を彷彿とさせるような状況へ。これに、μ’sメンバーは9人で円陣を組んでうなずき合うと、涙をぬぐって手をつなぎ、観客と一緒に熱唱。「♪今が最高!!」と、会場全員で叫び、それはゴンドラに乗ったμ’sメンバーが見えなくなるまで続く。最後の最後に新田の「またね!」という声が余韻のように響く中、観た人の心に長く残るような印象的な終幕を迎えた。

 なお、『ラブライブ!μ’s Memorial Items』の発売が決定。本公演『ラブライブ!μ’s Final LoveLive! ~μ’sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪~』もBlu-ray&DVD化されるとしている。

 ※記事内画像は(C) 2013 プロジェクトラブライブ!

 ■セットリスト

 M1:僕らのLIVE 君とのLIFE/μ’s

 M2:僕らは今のなかで/μ’s

 ―MC1―

 M3:夏色えがおで1,2,Jump!/μ’s

 M4:Wonderful Rush/μ’s

 M5:友情ノーチェンジ/μ’s

 ―幕間映像1―

 M6:もぎゅっと”love”で接近中!/μ’s

 M7:baby maybe 恋のボタン/μ’s

 M8:Music S.T.A.R.T!!/μ’s

 ―MC2―

 <メドレーパート(M9~M13)>

 M9:ユメノトビラ/μ’s

 M10:ススメ→トゥモロウ/高坂穂乃果(CV.新田恵海)・南 ことり(CV.内田 彩)・園田海未(CV.三森すずこ)

 M11:Wonder zone/μ’s

 M12:これからのSomeday/μ’s

 M13:Love wing bell/μ’s

 ―MC3―

 M14:Dancing stars on me!/μ’s

 M15:Happy maker!/μ’s

 ―幕間映像2―

 M16:WAO-WAO Powerful day!/Printemps(高坂穂乃果(CV.新田恵海)・南 ことり(CV.内田 彩)・小泉花陽(CV.久保ユリカ))

 ―Printemps MC―

 M17:NO EXIT ORION/Printemps(高坂穂乃果(CV.新田恵海)・南 ことり(CV.内田 彩)・小泉花陽(CV.久保ユリカ))

 M18:sweet&sweet holiday/Printemps(高坂穂乃果(CV.新田恵海)・南 ことり(CV.内田 彩)・小泉花陽(CV.久保ユリカ))

 M19:思い出以上になりたくて/lily white(園田海未(CV.三森すずこ)・星空 凛(CV.飯田里穂)・東條 希(CV.楠田亜衣奈))

 M20:ふたりハピネス/lily white(園田海未(CV.三森すずこ)・星空 凛(CV.飯田里穂)・東條 希(CV.楠田亜衣奈))

 ―lily white MC―

 M21:春情ロマンティック/lily white(園田海未(CV.三森すずこ)・星空 凛(CV.飯田里穂)・東條 希(CV.楠田亜衣奈))

 M22:Cutie Panther/BiBi(絢瀬絵里(CV.南條愛乃)・西木野真姫(CV.Pile)・矢澤にこ(CV.徳井青空))

 M23:PSYCHIC FIRE/BiBi(絢瀬絵里(CV.南條愛乃)・西木野真姫(CV.Pile)・矢澤にこ(CV.徳井青空))

 ―BiBi MC―

 M24:錯覚CROSSROADS/BiBi(絢瀬絵里(CV.南條愛乃)・西木野真姫(CV.Pile)・矢澤にこ(CV.徳井青空))

 ―幕間映像3―

 M25:Angelic Angel/μ’s

 ―MC4―

 M26:輝夜の城で踊りたい/μ’s

 M27:だってだって噫無情/μ’s

 ―幕間映像4―

 M28:Hello,星を数えて/星空 凛(CV.飯田里穂)・西木野真姫(CV.Pile)・小泉花陽(CV.久保ユリカ)

 M29:?←HEARTBEAT/絢瀬絵里(CV.南條愛乃)・東條 希(CV.楠田亜衣奈)・矢澤にこ(CV.徳井青空)

 M30:Future style/高坂穂乃果(CV.新田恵海)・南 ことり(CV.内田 彩)・園田海未(CV.三森すずこ)

 ―幕間映像5―

 M31:それは僕たちの奇跡/μ’s

 ―MC5―

 M32:ミはμ’sicのミ/μ’s

 M33:Super LOVE=Super LIVE!/μ’s

 M34:No brand girls/μ’s

 M35:KiRa-KiRa Sensation!/μ’s

 ―MC6―

 M36:SUNNY DAY SONG/μ’s

 ―幕間映像6―

 EN1:START:DASH!!/μ’s

 EN2:Snow halation/μ’s

 

 EN3:Oh,Love&Peace!/μ’s

 EN4:どんなときもずっと/μ’s

 ―MC7―

 EN5:MOMENT RING/μ’s

 ―幕間映像7―

 W-ENCORE:僕たちはひとつの光/μ’s

μ’s東京D公演最終日のラストシーンは2013年のライブを彷彿!観客と涙の大合唱に【ライブレポート後編】

μ’s東京D公演最終日のラストシーンは2013年のライブを彷彿!観客と涙の大合唱に【ライブレポート後編】

μ’s東京D公演最終日のラストシーンは2013年のライブを彷彿!観客と涙の大合唱に【ライブレポート後編】

情報提供元:News Lounge
記事名:「μ’s東京D公演最終日のラストシーンは2013年のライブを彷彿!観客と涙の大合唱に【ライブレポート後編】