にわみきほ、広瀬未花、鈴木友菜、新宿警察署一日署長!制服姿で子どもと高齢者の交通事故防止訴え

一日新宿署長を務めたにわみきほ、広瀬未花、鈴木友菜

 「春の交通安全運動」ポスターの顔となっているモデルで女優のにわみきほ(26)、ファッションモデル・広瀬未花(27)、ファッション雑誌『non-no』(集英社)専属モデル・鈴木友菜(23)が2日、東京・JR新宿駅西口新宿駅西口地下街 大型デジタルサイネージ前で行われた4月6日からスタートする春の全国交通安全運動(15日まで)実施に伴う交通安全イベントに出席。

 新宿警察署の一日署長に就任した“3人官女”は、制服に身を包んで登場。新宿交通安全少年団の子どもたちと交通安全に関するクイズやトークで、大勢の観客に向かって、「高齢者交通安全3カ条」「自転車安全利用5則」「子供交通安全3カ条」など、子どもと高齢者の交通事故防止を訴えた。

 最後に、新宿交通安全少年団の交通安全宣言を受け取り、にわは、「今の交通安全宣言を聞きまして、お子さんたちの意識が高ければ高いほど、大人たちは身が引き締まると思います。子どもたちに背中が見せられるように、私たちも日々、交通安全を考えていきたいとあらためて思いました」と、交通安全への高い意識を誓った。

 にわは品川署、浦和署に続く、3度目の一日署長に就任。「いつも通っている場所でキャンペーンができるのは光栄なこと」と、感慨もひとしお。「これから春になり、ますます暖かくなってお出かけが多くなると思います。そんな時に、交通安全に気を付けて、交通事故に遭わないようにしましょう」と、訴えた。

 また、にわは、「交通安全キャンペーンで呼びかけさせていただいたんですけど、1人だけが守ってもだめなので、私たちも友だちに交通安全を呼びかけることが大事」と、広めることの大切さも訴えた。

にわみきほ、広瀬未花、鈴木友菜、新宿警察署一日署長!制服姿で子どもと高齢者の交通事故防止訴え

 警視庁で実施している、道路を横断するとき、歩行者とドライバーが目と目を合わせて安全確認をしてから通行しましょうという「交差点アイコンタクト運動」について、「お話にあったアイコンタクトというキーワードはとても大事だなと。道歩いてても、自転車にのっている方、小さなお子さんにでも目を合わせて気を付けようねという意識がどんどん高くなっていけばいいなと。交通している人と、日々のアイコンタクトを大切にしていきたいと思います」と、語った。

 広瀬は、「いつもテレビで見る側だったで、1日署長としてやってみると、安全について考えるいい機会だなと思いました」と語ると、「『自転車安全利用5則』を紹介させてもらったんですけど、実際にロードバイクを乗るんですけど、結構ルールを守っていない人が多くみられる。私から正しくルールを守っていって、身近な友だち、家族に呼びかけていきたい」と、自分自身の交通安全への取り組みを。

 新宿区が実家という鈴木は、「小さいころからずっと通ってて、よく来る場所だったので、署長と言う経験をさせていただいたのが凄く嬉しかったです」と、感無量。続けて、「。私も自転車に乗るので、これから梅雨に向かって、傘をさして運転しちゃダメとか、自転車のルールについて勉強になりました。交通安全について、あらためて考えるいい機会になりました。みなさんも交通安全のルールを守って、気を付けて安全に生活していただけたら」と、呼び掛けた。

 

にわみきほ、広瀬未花、鈴木友菜、新宿警察署一日署長!制服姿で子どもと高齢者の交通事故防止訴え

 

にわみきほ、広瀬未花、鈴木友菜、新宿警察署一日署長!制服姿で子どもと高齢者の交通事故防止訴え

にわみきほ

にわみきほ、広瀬未花、鈴木友菜、新宿警察署一日署長!制服姿で子どもと高齢者の交通事故防止訴え

広瀬未花

にわみきほ、広瀬未花、鈴木友菜、新宿警察署一日署長!制服姿で子どもと高齢者の交通事故防止訴え

鈴木友菜



にわみきほ、広瀬未花、鈴木友菜、新宿警察署一日署長!制服姿で子どもと高齢者の交通事故防止訴え



にわみきほ、広瀬未花、鈴木友菜、新宿警察署一日署長!制服姿で子どもと高齢者の交通事故防止訴え



にわみきほ、広瀬未花、鈴木友菜、新宿警察署一日署長!制服姿で子どもと高齢者の交通事故防止訴え



情報提供元:News Lounge
記事名:「にわみきほ、広瀬未花、鈴木友菜、新宿警察署一日署長!制服姿で子どもと高齢者の交通事故防止訴え