経営コンサルタントの“ショーンK”ことショーン・マクアドール川上氏(47)が15日、自身の公式HPで、経歴を詐称していたことを明かした。

 川上氏は、自身の経歴に虚偽あることを報道した一部週刊誌について触れ、「この記事を拝読された方には、ご心配をおかけしていると思います。この場を借りてお詫び申し上げます」と、謝罪。

 川上氏はこれまで公式HPでは、経歴を米・テンプル大卒で、米国メディアスクールでMBAを取得したとしていたが、「私はテンプル大学ジャパンに入学後まもなく、外部の人間にもオープンな大学講義を聴講するなど海外を遊学後、大学には戻りませんでした」と、学歴記載に誤りがあったことを認め、テレビ番組出演などの活動自粛を表明した。

情報提供元:News Lounge
記事名:「ショーンK 経歴詐称認め、活動自粛へ