若者のLINEを使った恋愛駆け引きとは?普段の会話よりLINEの会話の方が楽しい?

普段の会話よりLINEの会話の方が楽しい?

 いまや日本の老若男女の多くが使用しているコミュニケーションツール『LINE』。若者がこれらを活用するとき、どう活用するのだろうか? またどのようなモテテクニックが存在するのか、18歳から22歳の日本人男女100人へアンケートが実施された。

 これは、今月2日より配信中の若者生態バラエティ番組『みんなのクラウド教室 イケメン編 PART4』のテーマが「イケメンにLINEテクニックを教わってみた」ということで実施された。同番組はMCの先生役にお笑いコンビ『ハマカーン』、ゲストの“生徒”には女性アイドルグループや、ガングロギャルといった個性的な若者たちが登場。軽快なトークで、さまざまなジャンルの若者のネットリテラシーにフィーチャーしおもしろおかしく紹介する。

 まずは、異性をLINEでオトすテクニックが公開。『その他』の回答が31%と1番多く「思わせぶりなことを言う」「『あのね』から文章を始める」「文章の長さを相手に合わせる」「LINEをし始めた日にあえて多く返信をしない」と、個性がかいま見える意見が多数寄せられることに。次いで多かったのが「すぐに返信をせずに焦らす」というもので、26%という結果が。ほかにも、「スタンプを活用する」「普段とは違ったギャップを見せる」「シンプルな返信をする」「すぐに返信をする」「ハートを使う」など、さまざま。

 具体的には、「よい雰囲気で連続的にやりとりしている時に、あえて既読をつけてから時間を空けて返事をする」という焦らすテクニックが多く、既読スルーからの返事という、恋愛の駆け引きもあるよう。ほかにも、「普段クールなのにLINEではあえて可愛いスタンプを使う」「普段親しみやすい人柄だが、ツンな文章を送る」と、ギャップをアピールすることもあるようだ。

 続けて、「普段の会話よりもLINEの会話が楽しいと感じる時がある?」という質問がされたが、こちらは63%がYESと回答。普段の会話で言えないことや表現できないことが、LINEだとスタンプや写真、口調などで表現できるという声が多いそうで、「電話はハードルが高い」という意見もあったそうだ。

 ほかにも、「LINEで絵文字と顔文字どっちがモテると思う?」という問いには絵文字が61%を占め、「可愛く見えるから」「カラフルだから」「感情が伝わりやすい」という声が。一方の顔文字派は、「シンプルだから」「絵文字はしつこく感じる」という意見もあがっていた。

 ■アンケートについて

 ・アンケート調査名:「若者のネット活用生態調査」

 ・調査主体:みんなのクラウド教室調べ

 ・対象期間:2016年2月24日(水)~2月26日(金)(インターネット及びインタビュー調査)

 ・調査人数:18歳~22歳の日本人男女・合計100名

若者のLINEを使った恋愛駆け引きとは?普段の会話よりLINEの会話の方が楽しい?

 

若者のLINEを使った恋愛駆け引きとは?普段の会話よりLINEの会話の方が楽しい?

 

若者のLINEを使った恋愛駆け引きとは?普段の会話よりLINEの会話の方が楽しい?

 

若者のLINEを使った恋愛駆け引きとは?普段の会話よりLINEの会話の方が楽しい?

 

若者のLINEを使った恋愛駆け引きとは?普段の会話よりLINEの会話の方が楽しい?

番組画像

若者のLINEを使った恋愛駆け引きとは?普段の会話よりLINEの会話の方が楽しい?

番組画像

若者のLINEを使った恋愛駆け引きとは?普段の会話よりLINEの会話の方が楽しい?

番組画像

若者のLINEを使った恋愛駆け引きとは?普段の会話よりLINEの会話の方が楽しい?

番組画像

若者のLINEを使った恋愛駆け引きとは?普段の会話よりLINEの会話の方が楽しい?

 

若者のLINEを使った恋愛駆け引きとは?普段の会話よりLINEの会話の方が楽しい?

 

情報提供元:News Lounge
記事名:「若者のLINEを使った恋愛駆け引きとは?普段の会話よりLINEの会話の方が楽しい?