壇蜜元カレたちへの後悔が結婚しない理由?「理不尽なけんかをした」

壇蜜が元カレたちへの後悔を告白

 タレント・壇蜜(35)が27日、東京・新宿の紀伊國屋書店本店でエッセイ本『どうしよう』(マガジンハウス)発売記念イベントを開き、ファン300人が限定で集まった。

 昨年2月から壇蜜自身が直面した「どうしよう」という部分を切り取り、解釈を加えてつづっており、さまざまなものに折り合いをつけて生きる50の術が書かれている。関係者によると、重版がかかり1万5000部を売り上げる人気ぶりという。

 書籍について壇蜜は、「日頃感じているどうしようという不毛な心の流れを書いてます。恐らくなんの身になることもないと思いました」と、感想を。

 書き下ろしで苦労した点については、「時間に余裕を持って書くというのが難しくて、至らないところがあったと思います」と、普段のペースとは違う仕事で戸惑いがあったよう。

 50の物語を入れているという本作だかそのなかの1つを紹介してもらうと、第一章の「恋人の名前を間違える」ときにどうするかという話を挙げ実際にその体験をしたことへ、「大学出たてのころですけど、完全な(破局の)原因でもないけど、それが原因でけんかになったんです。あと、お父さんの名前で呼んでしまった」と、苦笑い。

 さらに、結婚についての話題になると、「もちろんご縁がというのもありますけど、書いてて思ったのは、これまで私の勝手な理由で理不尽なけんかをしたり、別れた人もいるんです。だから、35歳になったとはいえ『前に付き合っていた人たちより先に幸せになれると思うなよ』って思うんです」と、後悔からか自分の中で折り合いがついていない様子を見せていた。

 また、タイトルにちなんで、ここ最近で自身に「どうしよう」というエピソードはないかと尋ねると、「熱帯魚の水槽に藻がいっぱい生えて、青汁のような中にいる感じで、お店に相談して(水槽の水を変えるのに)高くつきました」とのこと。さらに、壇蜜は左ひざを報道陣に見せだし、「自宅のエントランスに大きな穴があいていたんです。駐車場のポールが抜かれたままになっていたようで、そこに落ちて左ひざのあたりにケロイドができてしまいました」と、2ヶ月前に負ったというけがの話をし、「本厄真っただ中です」と、苦笑いを浮かべた。

 「お財布に定価の1200円と消費税が入っている人なら誰でも」と、壇蜜らしい言い回しでPRしていたエッセイ本『どうしよう』は好評発売中!

壇蜜元カレたちへの後悔が結婚しない理由?「理不尽なけんかをした」

壇蜜元カレたちへの後悔が結婚しない理由?「理不尽なけんかをした」

 

壇蜜元カレたちへの後悔が結婚しない理由?「理不尽なけんかをした」

 

情報提供元:News Lounge
記事名:「壇蜜元カレたちへの後悔が結婚しない理由?「理不尽なけんかをした」